イエスタデイをうたって

イエスタデイをうたってハルとリクオの最後は?キス後のセリフが意外すぎる!

イエスタデイをうたってに登場する「ハル(野中 晴)とリクオ(魚住 陸生)

当初ハルは、リクオに片思いで、リクオはしなこのことが好きでした。

リクオの気持ちをわかっていながらも諦めきれないハル。

彼女の恋の行方は一体どうなったのでしょうか?

今回はハルとリクオの最後についてネタバレ解説をしていきます。

イエスタデイをうたってハルとリクオの最後は?


それではさっそく本題へ入ります。

ハルとリクオの出会い

まずハルとリクオが出会ったのが、2人がまだ学生の頃のことです。

リクオが道端で受験票を落としてしまい、ハルが拾って渡したとき、ハルはリクオに一目惚れをしました。

その後2人が再会したのは数年後のことです。

リクオは大学を卒業後、東京でフリーターをしており、コンビニでアルバイトをしていました。

リクオがコンビニの弁当を野生のカラスにあげている際に、ハルが現れ、彼女はその日以降リクオのコンビニへ通うようになりました。

ハルはリクオにフられる

ハルはリクオがしなこのことが好きだとわかっていながらも、リクオと出会ったときの感情を忘れることができませんでした。

ハルはリクオのいるコンビニに頻繁に通ったり、家の前で待ち伏せをしたりして、彼に猛アタックをしていました。

しかし彼女の想いはリクオに届くことはなく、リクオはハルのことを避けようとします。

リクオの中で次第にハルが忘れられない存在に

ハルは何かと理由をつけてリクオと話す機会をつくっていました。

家の中に虫が出た時、リクオに電話をして退治しにきてもらったり、リクオの家の前で待ち伏せをして一緒にご飯に行ったりしていました。

リクオはしなこのことが好きでしたが、ハルのことも自身の中で忘れられない存在になっていきます。

ハルは雨宮と、リクオはしなこと結ばれかけるが・・

ハルはリクオがしなこと結ばれた為、彼のことを諦めようとしていました。

そんなハルの前に現れたのが雨宮という男性です。

雨宮は予備校の教師であり、ハルのバイトのデリバリー先の客人でもありました。

雨宮はハルに想いを寄せ、ハルのいるバイト先の店に毎日顔を出し、帰りは送ってあげるなどの猛アタックをします。

ハルは次第に雨宮のことがきになっていきますが、雨宮のことが好きな「とある女性」のことがひっかかっていました。

そのこともありハルと雨宮は一時結ばれかけるものの、2人の恋が実ることはありませんでした。

一方リクオはしなこと付き合うことになりましたが、それも一時的なもので、最終的に2人はかつての友達のままでいようということになり別れてしまいます。

リクオは自分を本気で好きでいてくれていたハルのことを忘れられずにいたのです。

ハルとリクオは最後に結ばれる

ハルはリクオが忘れられないことや、雨宮のこともあり、自分を見つめ直すためにおばあちゃんのいる三重に一時的に帰ることにしました。

そして三重に行くことは母以外に誰にも言いませんでした。

リクオはハルの行方をなんとか探り、三重まで迎えに行きます。

リクオが三重についたころ、ハルはちょうど東京へ帰ろうとしていましたので、2人は一瞬すれ違ってしまいます。

そしてハルが電車に乗りかけた時、リクオがハルを引き止めます。

その後リクオは、しなこと別れたことやハルに対しての気持ちを伝え、最終的に2人は結ばれました。

ハルは実らないと思っていた恋が実り、ハッピーエンドとなったのです。




イエスタデイをうたってハルとリクオのキス後のセリフが意外すぎる


ハルがリクオとキスをした後に言ったセリフが意外すぎました。

ここからはその一部始終について解説していきます。

ハルとリクオは三重の駅でキスをする

ハルは三重の駅で自分のことを追いかけてきたリクオに対して、なにがあったのかと聞いていました。

リクオがしなこのことがずっと好きで、自分に対しては雑な扱いばかりだったので、迎えにきたことに内心驚いていたのです。

リクオは疲れているのか言葉がしどろもどろで、うまく答えることができませんでしたが、ハルのことが忘れられないという気持ちだけはなんとか伝えることができました。

キスをした後のハルのセリフが意外すぎる

リクオはハルに気持ちを伝えたあと、キスをしました。

ハルは驚きと同時に涙が溢れてきます。

これまで頻繁にリクオのいるコンビニに通ったり、家の前や職場にまでいって待ち伏せをしたりと、彼女は努力をしてきました。

その恋は実ることはないと諦めかけていたのにもかかわらず、その努力がやっと報われたのですから、涙が出るのも無理はありません。

ここで感動の名シーン!と思いきや、キスの後に出たハルの一言が

煙草くさー・・・

これは..予想外でした。

リクオはハルに気持ちを伝えている際に煙草を吸っていたので、それが原因でしょう。

イエスタデイをうたっては時々このような予想外で面白い場面がでてくるので、見ていても飽きませんでした。




イエスタデイをうたってハルとリクオの最後まとめ

ハルとリクオの最後について解説してきました。

内容をまとめると

  • ハルは一時リクオにフラれる
  • リクオはしなこと付き合い、ハルは雨宮と付き合いかける
  • リクオはしなこと別れ、ハルも雨宮と離れる
  • 最後はリクオが三重にいるハルを迎えに行き、2人は結ばれた

以上となります。