事件

植村歩実の顔画像や自宅住所は?夫を切りつけたが同情の声多数!

police

2019年6月30日、神奈川県横浜市金沢区泥亀の自宅で、夫を切りつけたとして逮捕されたのは植村歩実容疑者(25)です。

植村歩実容疑者は育児に疲れたとのことで夫を切りつけたとのことですが、一体どういうことなのでしょうか?

今回はこの事件について解説してまいります!

横浜市金沢区泥亀で起きた殺人未遂事件

夫を刃物で切りつけ殺害しようとしたとして、神奈川県警金沢署は30日、殺人未遂の容疑で、横浜市金沢区泥亀の自称無職、植村歩実容疑者(25)を逮捕した。

容疑を認めている。逮捕容疑は同日午後2時15分ごろ、自宅で夫の国家公務員、昌央さん(27)に対して、包丁のようなもので首を切りつけるなどして殺害しようとしたとしている。

昌央さんは病院に搬送されたが、命に別条はない。同署によると、昌央さんは切りつけられた直後、自宅を飛び出し血を流して路上に倒れるなどした。

その様子を目撃した複数の近隣住民が110番通報。同署員が現場に駆けつけ、植村容疑者の身柄を確保した。

植村容疑者は昌央さんと生後2カ月の娘の3人暮らし。「育児に疲れていた」などとも話しているといい、同署は事件の経緯を調べている。

引用元:Yahoo!ニュース

年齢は25歳とまだ若く、生後2ヶ月の娘がいたとのことで、かなり育児が大変な時期でしょう。

tairaseiya
平聖也の自宅住所は川崎市宮前区!facebookや妻の楓吹さんを遺棄した動機について2019年6月27日、神奈川県平塚市の海岸で両足が切断された遺体が見つかった事件で、26歳の会社員、平聖也容疑者が警察に出頭し、28日に...





植村歩実の顔画像・大学・プロフィールまとめ

植村歩実容疑者の顔画像・大学については現時点では公開されておりません。

氏名植村歩実
年齢25歳
職業無職
住所横浜市金沢区泥亀
逮捕理由殺人未遂の疑い

また、Facebookに関しても調査を行いました。同姓同名はいるものの本人特定と確証できるものがなかったため、特定までは至っておりません。

syougakuseiijime
小学生のエアガンいじめ炎上動画がこちら!北鹿浜小学校の遠藤輝が加害者?どうも、レオンです! 小学6年生の少年が、小学4年生の少年に向かってエアガンを乱射し、いじめをしていたとして炎上しています。 ...

植村歩実の夫、植村昌央さんへの犯行動機は?

植村容疑者の犯行動機は「育児に疲れていた」とのことです。生後2ヶ月の赤ちゃんがいるとのことで、きっと夜中に泣いたりミルクを飲ませたりと育児ノイローゼになっていたのかもしれません。

夫を切りつけた理由がはっきりとわかりませんが、育児に疲れたから夫を切ったとのことで、考えられる理由としては

・育児を手伝ってくれなかった

・疲れているのに家事をしてくれない

この辺りが考えられますね。夫も27歳と若いですし、仕事行って家にお金だけ入れて家のことは何もしないなどと行った家庭もすくなくありませんよね。

植村夫婦がどのような状況だったのかわわかりませんが、少なくとも奥さんがそこまで疲労しているのに迅速に気づき、ケアしてあげられなかったのかと、少し疑問が残るところです。

しかしながら、いかなる理由があっても人を切ってはいけませんので、こればかりはよくないですよね。日頃の精神的疲労が蓄積され、冷静な判断ができなかったのだと思われます。

長尾里佳の美人でかわいい顔画像!オンラインゲーム事件は荒野行動?どうも、レオンです! 今回はリアルおねショタ事件について解説をしてまいります!事件は21日に起きました。22歳の女が小学6年生の男...

ネットの反応

気持ちわかるような気がしますけどやっちゃだめです
切りつけるほど追い詰められていたなんて……やり方は間違ったけど決死のSOS家族全員でしっかり受け止めてください
夫婦でよく話し合う事が大切だと思うけれどな。こんな事件になってしまった以上どういう結末が待っているのかは解らないけれど。
やってしまった事は決して許されない事だけど…赤ちゃんにいかなくてよかった。
まだ危害を加えたのが赤ちゃんでなかったのが不幸中の幸い。妻に少し同情してしまう自分がいる。





さいごに

育児に疲れたことで夫を切りつけ妻の植村歩実容疑者が逮捕されました。夫は血を流しながら自宅から逃げて助けを求めたとのことですが命に別状はないようです。

生後2ヶ月の赤ちゃんは無事なようでなによりですが、いずれにしても、夫婦二人とも20台で、子供も生まれたばかりで、これから幸せな家庭になっていってほしい年頃だというのに、このような悲しい事件が起きてしまい、大変残念です。

こうなる前に何か対処ができなかったのか、この事件を見て、少しでも多くの方で、同じような悩みのある家庭が救われればいいと願います。

それでは今回はここまでとなります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事