事件

辻貴一容疑者の彼女はかわいい?娘を投げ飛ばした動機や手口がヒドイ!

辻貴一容疑者が同居する8歳の娘を投げ飛ばし、鎖骨を骨折させるなどをして逮捕されました。

辻貴一容疑者と娘の間に一体何があったのか?事件について詳しくみていきましょう。

事件の概要

まずは事件の概要から見て行きましょう。

茨城県古河市で、同居する女性の8歳の娘の両腕をつかんで投げ飛ばし、骨折させたとして、27歳の男が逮捕された。

傷害の疑いで逮捕されたのは、古河市に住む塗装工・辻貴一容疑者。警察によると、辻容疑者は先月26日、自宅で、同居する女性の8歳の娘の両腕をつかんで投げ飛ばし、鎖骨を折った疑いが持たれている。

2日後の月曜日に母親が学校に連絡し、「子どもがケガをした」と伝えたところ、不審に思った学校が市役所に連絡し、さらに市役所が警察に相談したという。

調べに対し、辻容疑者は容疑を認めているということで、警察は、日常的な虐待がなかったか調べている

引用元:Yahoo!ニュース

実の子では無いものの、同居女性の娘を投げ飛ばすのは極めて悪質な行為だと思います。まだ8歳とのことで力もなく、何の抵抗もできない状態でしょう。

同居女性も学校に連絡した際にはまさか彼氏がやったなんて思っていなかった可能性がありますね。

辻貴一のプロフィール

tsuji
引用元:Yahoo!ニュース

辻貴一容疑者のプロフィールをまとめました。

名前辻貴一(つじたかかず)
年齢27歳
住所茨城県古河市
職業塗装工
逮捕理由傷害の疑い

辻貴一容疑者は茨城県古河市在住の塗装工だそうです。

最近では塗装工のかたで同じような事件が起きていましたね。

椎野広大の顔画像特定?沼津市大岡の親戚の赤ちゃん暴行事件について2017年4月下旬頃に、椎野広大容疑者(28歳)が、親戚の生後6ヶ月の赤ちゃんの加藤奏斗ちゃんを親戚宅で殺害した疑いで逮捕されました。 ...

児童虐待に対する罪をもっと重くしないと、なくならないのでは?という声も多いです。


スポンサーリンク



辻貴一の顔画像は?

辻貴一容疑者の顔画像は現在のところ公開はされておりません。しかし、このような事件ではメディアは高確率で顔画像を公開する場合がありますので、され次第こちらでも更新をかけてまいります。

また、同居女性についても情報がございませんでした。辻容疑者が27歳とのことと、8歳の娘がいるとのことですので、同居女性も27歳前後の可能性が高いですね。若くしてお子さんを生まれているのでは無いかなと思います。

事件の現場

事件の現場は茨城県古河市で行われました。

外は2019年2月7日6:40時点では気温が0度とかなり寒いところです。

詳細は書かれてはいなかったですが、おそらく自宅で犯行は行われていたのでは無いかと思います。

犯行手口や動機について

犯行手口についてですが、同居女性の娘を投げ飛ばしたとのことで、両手を掴んで投げたと報道されております。

もし、着地したところが硬い床やコンクリートなどであれば鎖骨骨折もするでしょうし、両手を掴んだとのことですので抵抗できない、受け身も取れないような状況だったと思います。

せめて柔らかい布団の上とかならまだ骨折まで行かなかったかもしれません。ですが、問題なのはなぜ投げ飛ばしたのかについてですね。

考えられる動機は?

ここで考えられることをあげていきます。

娘と遊んでいた

娘に対して怒りを覚えついカッとなって投げ飛ばした

同居女性や仕事でストレスを抱え同居女性の娘に八つ当たりをした

この辺りではないかなと思いました。

児童虐待ニュースは最近多いですし、もしかすると報道されていないだけであって、このようなケースは他にもたくさんあるかもしれませんね。


スポンサーリンク



連携が取れていた

ただ、不幸中の最愛と言えるのは2点あり、1点目は娘さんの命に別状がなかったこと。2点目は連携がうまく取れていたことにあるかとおもいます。

被害者の娘の母親が学校に相談→学校が不審に思い市役所に相談→市役所が不審に思い警察に相談。という連携が取れており、結果的に辻容疑者の逮捕に至ったということになります。

もしこの連携が取れていなくて、日常的な虐待を受けていたのであれば、今後も娘さんが危ない状況だったということになりますよね。

栗原なぎさ容疑者の顔画像特定!心愛さんへの暴行を止めなかった理由は?連日報道されている、千葉県の小学4年生の心愛さんが亡くなった事件で、父親の暴行を知っていながらも止めなかったとして、母親のなぎさ容疑者が...

栗原さんのような事件はまさに連携が取れていなかった事件になります。

ネットの反応

学校の対応がすごい。
ケガをしたから休むという連絡で敏感に察知して迅速に動いたことが素晴らしい。
そのおかげで、この女の子がさらに被害を受けることを防げた。
この学校の対処は素晴らしい!
先生が強く出られないならドンドン警察に頼るべきだし突き出すべき
このご時世にこんなに素早く動ける学校もあるんだと感動しました。だけど母親が自分の子供より内縁関係の男を優先した事態で女の子の人生は悲しいものになった。生きてくれているのだから公共機関なり周りの大人が守らないと…
ケガしたって連絡するだけで学校が動くほど、、
普段から怪しんでたんでしょうね。
学校→市役所→警察 対応が良かったと思います。
間に児相が入れば、下手すりゃ命取りになったかもしれません。

引用元:Yahoo!ニュース