事件

田中聡容疑者の顔画像は?子供を放置でラップを巻いた動機がヤバすぎ(横浜市)

2019年3月5日、全身にやけどを負った子供を放置し、二人でパチンコに行っていたとして、田中聡容疑者と橋本佳歩容疑者が逮捕されました。

あまりにも残酷で悪質な事件が起きてしまいました。

子供は3歳で、母親は橋本佳歩容疑者です。今回は交際相手の田中容疑者についてと、この事件について詳しく解説をしていきたいと思います。

それでは早速みていきましょう!

事件の概要

大やけどを負った3歳の女児を家に放置したとして、神奈川県警は5日、母親で横浜市鶴見区梶山2、無職、橋本佳歩容疑者(22)と同居の自称運転手、田中聡容疑者(21)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。県警鶴見署によると2人は容疑を認めているという。逮捕容疑は4日正午ごろ、自宅で背中を中心に大やけどを負った長女(3)を病院に連れて行って治療させることなく、放置したとしている。橋本容疑者は「シャワーの際に誤って熱湯をかけてしまった」と供述。女児の背中から腰にかけてラップが巻かれていたという。やけどは3カ月以上の入院を必要とする状態だった。鶴見署によると、両容疑者は5歳の長男、けがをした長女の4人で暮らしていた。長男が4日午後、近所の住民に「お母さんがいない」と相談し、この住民が警察に通報。警察官が家に行くと、意識がもうろうとした状態の女児が横たわっていた。両容疑者は不在について「2人でパチンコに行っていた」と話しているという。

引用元:Yahoo!ニュース

以上が事件の概要となります。

田中聡のプロフィール

田中容疑者のプロフィールを以下にまとめてみました。

氏名:田中聡(たなかさとし)

年齢:21歳

住所:横浜市鶴見区梶山2

職業:自称運転手

橋本佳歩のプロフィール

同居していた橋本佳歩容疑者のプロイフィールもまとめました。

氏名:橋本佳歩(はしもとかほ)

年齢:22歳

住所:横浜市鶴見区梶山2

職業:無職


スポンサーリンク



二人の顔画像は?

二人の容疑者の顔画像は現在のところ公開されておりません。また、SNSについても本人を特定することができませんでした。

事件の現場

事件の現場は両容疑者が同居する自宅のアパートで起きました。


引用元:Yahoo!ニュース

家族構成

家族構成は、橋本佳歩容疑者と田中聡容疑者と、橋本容疑者の長男5歳に長女3歳の4人家族でした。

田中容疑者と橋本容疑者は交際関係で、同居をしているとのことです。

長女にラップを巻いた動機がヤバい

橋本容疑者は、長女に誤って熱いシャワーをあびせてしまい、やけどを負わせたようです。やけどについてネットで調べたところ、ラップを巻くと良いと書いたあったらしく、長女にラップを巻いたとのことです。

こちらに関して色々疑問点がありますが、まず、これは本当に効果的な治療法なのか私がネットで調査をしました。調査の結果、確かに医師のサイトでやけどにはラップが有効的などと書かれてはいました。

しかし、それはただ応急処置であり、すぐにでも皮膚科などの病院にか無いといけないという風にも記載がございました。

橋本容疑者はこれを無視して、ただラップで巻いて田中容疑者とパチンコに行った。ということになります。


スポンサーリンク



長男が近所の人に助けを求めていた

長男が近所の50代の男性の家に行き、助けを求めに行きました。その男性は近くの自動車修理工場の増渕拡昌さんという方で、4日午後4時半ごろ、雨が降りしきる中、パジャマ姿で雨にぬれた長男が飛び込んできました。

増渕さんに対し「お母さんに会いたい」と話してきたため、「おじさんが家まで連れて行ってあげる」と家まで同行した。増渕さんの手を強く握り、引っ張るようにして徒歩約3分ほど先の家まで向かったようです。

家に到着すると、長男は「家に入りたくない」とおびえたような様子を見せると「妹がいるの」「皮がむけてる」と言った。

近所の子供がこんなことを言うなんて重大なことに違いないですよね。増渕さんは事件と認識し「放っておくわけにはいかない」と鶴見署に連絡をしました。

そして、警官や救急隊員らが到着をし、長女がやけどを負い、服が肌にくっついている重度熱傷と会話をしていたようです。

長女は銀紙に包まれて病院に搬送されました。この時長男は「おいていかないで」と不安げに言っていたそうです。

一人にされるのが恐怖だったのでしょう。

日常的虐待があった?

橋本容疑者の親族から2018年11月、「育児に心配がある」と相談があったようです。市などは家庭訪問するなど支援を続けてきたといいます。横浜市によると、女児らは昨年5月に埼玉県草加市から引越しをしてきました。

同11月、親族から「子どものおしりをたたく」と相談があり、児相が橋本容疑者と面談したところ、「いらいらしてたたくことがある」と話したという。

日常的に虐待をしていたようです。

今回は橋本容疑者の子供で、橋本容疑者による熱湯シャワーとのことですが、同居していた田中容疑者も同様ですよね。

せめてこれが本当に事故なのであれば、その場ですぐ救急車をよんで、治療をさせるべきところ、二人でパチンコにいってしまったようです。。

危機管理能力が劇的に薄れているのか。これは長女が可哀想すぎますし、両容疑者はこんなに苦しんでいる子供を放置するなんて神経を疑います。


スポンサーリンク



ネットの反応

・保護されたお兄ちゃんと、保護してくださった会社の方ががんばってくれて良かった。妹さんが可哀想すぎます。放っておいてパチンコが出来る気持ちが分からない。

・お兄ちゃんの勇気ある行動と近隣住民の機転で妹さんは助かった。お兄ちゃんが外に出なかったら妹さんはもしかしたら助からなかったかもしれない。女の子だし、やけど跡が少しでも残らなければいいなと願うばかり。

・2歳で5歳の長男がいるのなら17歳で出産か。低年齢の出産すべてが悪いとは言わないが、遊びや彼氏を優先したり、育児という現実から現実逃避したり、子供の生活環境が守られないケースが多い。監視案件なら尚のこと、保育園の説明会をすっぽかした時点ですぐに職員が見に行かないと。

・救助にか変わってくださった方に感謝と拍手
火傷は小さくても痛いしイライラする。感染症で悪化したり死に至る前の救助、本当に良かった

・子供と言えど尊厳のある一人の人間として扱わなければならない。親の物ではない。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。