事件

鈴木康仁容疑者の顔画像特定!横浜市瀬谷区で起きた事件について

2019年5月3日午前、横浜市瀬谷区の市道で車がバイクに突っ込み、バイクを運転していた古口塁さんが死亡した事件で、車を運転していた鈴木康仁容疑者が逮捕されました。

鈴木容疑者は猛スピードでバイクに突撃をしていて、防犯カメラにもその様子が映っておりましたが、かなりのスピードが出ていたことも見て取れます。

今回はこの事件について解説をしていきたいと思います。それでは早速見ていきましょう。

事件の概要

横浜市で猛スピードの車がバイクや車と次々に衝突して運転していた33歳の男が逮捕された事故で、男は「レジャーに行くために運転していた」と話していたことが分かりました。

鈴木康仁容疑者は3日午前、横浜市瀬谷区の市道で車でバイクに突っ込み、さらに車4台と次々に衝突した疑いが持たれています。バイクを運転していた古口塁さん(54)が死亡し、5人がけがをしました。鈴木容疑者は「事故を起こしたのは間違いありません」と容疑を認めています。その後の捜査関係者への取材で、鈴木容疑者は「自宅を出てレジャーに行くために運転していた」と話していることが新たに分かりました。防犯カメラには鈴木容疑者の車が猛スピードでバイクに突っ込む様子が映っていて、警察は速度などを詳しく調べています。

引用元:Yahoo!ニュース

鈴木容疑者
鈴木容疑者
レジャーに行くために運転していた

このように語る鈴木容疑者。まさかバイクに当たるとは思わなかったのか。一瞬の気の緩みから起きた事件かもしれません。


スポンサーリンク



鈴木康仁のプロフィール

容疑者のプロフィールを以下にまとめてみました。

名前鈴木康仁(すずきやすひと)
年齢33歳
住所東京都大田区
職業会社員
逮捕理由過失運転致死の疑い

鈴木容疑者は東京都大田区在住の会社員で、年齢もまだ若く33歳です。鈴木容疑者の顔画像はメディアにて公開されておりました。


引用元:Yahoo!ニュース

画像右側の髭を生やし、赤いインナー服を着ているのが鈴木容疑者です。

ブレーキをしなかった理由は?

突っ込んだ車を運転していた鈴木康仁容疑者が過失運転致傷の疑いで逮捕され、4日に送検されたが、捜査関係者への取材で、現場にはブレーキ痕がなく、鈴木容疑者が制限速度の40キロを大幅に超えて衝突したとみられることが分かった。

引用元:Yahoo!ニュース

ヤフーニュースでは上記のように報道されていましたが、現場にはブレーキ痕がなかったとのことで、防犯カメラの映像を見てもブレーキなんてしている様子はなかったですね。

なぜブレーキをしなかったのかは明確に供述をしておりませんが、容疑は認めているようです。

ブレーキをしなくてもバイクに当たることはない。自分の運転なら接触せずにギリギリかわし、追い越すことができた。このような自信過剰な考えがあったかもしれませんね。


スポンサーリンク



ネットの反応

・外出目的なんかどうでもいいよ。なぜブレーキを掛けずに突っ込んだのかが知りたい。中途半端な報道するなよ

・車はアウディ、池袋の事故車はプリウス
この人は運よく怪我せず逮捕、他方は怪我して入院して未だに逮捕されず
最近この手の事故での逮捕多いけど池袋の件だけは納得できないな

・飛行機のブラックボックスがあるように、車にもブラックボックスのような走行記録を残す機能を付けた方がいい

・明らかな殺意を感じる。

・完全にもらい事故。バイクの人は即死に近いのでは?被害者が
いくら注意しても防げない事故。一般道でこんなスピードだす
人間は免許証持ってはだめだ。今後一切運転できない様にするべきだな

さいごに

今回の事故で人の命が亡くなってしまいました。これはもう取り戻すことのできない重大な事故でしょう。

鈴木保仁容疑者は制限速度を40キロもオーバーする速度で市道を走行していたようですが、今回過失運転致死の容疑がかけられました。

殺意はなかったかもしれませんが、結果的に安易な運転によって命を奪ってしまいました。この逮捕を機にどう更生するのか。

また、更生をしたところでもう運転をすることは控えていただきたいというのが個人的な意見としてあげさせていただきます。

みなさんも周囲には十分に注意をして安全運転してくださいませ。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。