事件

関澤勇哉の顔画像特定!仕事やSNSに中学も判明か(神戸町柳瀬ひき逃げ事件)

sekizawa2

2019年2月17日、岐阜県神戸町柳瀬の信号交差点で、男性をひき逃げしたとして、23歳の関澤勇哉容疑者が逮捕されました。

関澤容疑者の顔画像や、勤務先、SNSなども調査してまいりました。今回はこの事件について詳しく解説をしていきたいと思います。

事件の概要

まずは事件の概要から見て行きましょう。

岐阜県神戸町で2月17日乗用車で別の車に衝突し運転手に大けがをさせ逃げたとして23歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは大垣市の塗装業、関澤勇哉容疑者(23)です。警察によりますと、関澤容疑者は2月17日未明乗用車を運転中に神戸町柳瀬の信号交差点で、46歳の男性が運転する車と出合い頭に衝突、男性に胸の骨を折るなどの大けがをさせ、そのまま逃げた疑いがもたれています。出合い頭に衝突

現場に放置された車から関澤容疑者が特定されました。警察の調べに対して関澤容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

引用元:Yahoo!ニュース

以上、事件についての詳細となります。近年問題視されているひき逃げ事件ですが、またおきてしまいました。

現場に車を放置したとのことなので、徒歩か別の手段で逃走をしたのでしょう。付近の防犯カメラであったり、ドライブレコーダー、関澤容疑者の車の指紋などでさすがにこれはバレますよね。

関澤容疑者の顔画像

関澤容疑者の顔画像について調査しました。

sekizawa
引用元:twitter

こちらが容疑者の顔画像です。年齢相応のイケメン顔ですね。

sekizawa2
引用元:twitter

海岸沿いで撮ったツイッタートップ画像。サングラスをして短髪が似合っています。事故を起こしたのは防ぎようがなかったのかわかりませんが、せめて逃げなければ罪は軽減できたかもしれないですよね。


スポンサーリンク



関澤勇哉のSNSアカウント

容疑者のSNSアカウントについても調査しました。

ツイッターアカウントは上記の通りです。また、フェイスブックアカウントに関しては2つございましたが、どちらも本人かと思われます。

関澤勇哉のフェイスブックアカウント1

関澤勇哉のフェイスブックアカウント2

ちなみにアカウント2の方が最新だったと思われます。岐阜県大垣市在住の同姓同名、年齢、関澤という珍しい名前から、本人でしょう。インスタグラムにも同一人物と思われる顔画像、年齢の記載がございました。

また、インスタグラムのアカウントについても特定しました。

関澤容疑者のインスタグラムアカウント

関澤容疑者の中学判明か!

関澤容疑者の中学についてですが、フェイスブックアカウント1のほうに記載がございました。大垣市立北中学校を卒業されておりました。

大垣市立北中学校は岐阜県大垣市八島町22にある中学校ですね。


スポンサーリンク



事件現場

事件の現場は、岐阜県神戸町柳瀬の信号交差点で起きました。

ひき逃げ事件ながれ

2月17日に神戸町柳瀬の信号交差点で事件は起きました。46歳の男性が運転する車両と出合い頭に衝突とのことで、男性は胸の骨を折るなどのけがをしています。

命に別状はなさそうですが、問題はこの後。関澤容疑者は負傷した車両を乗り捨て、逃走した疑いが持たれております。

その場で男性の救助を行うどころか119番や110番をするべきどころか、おそらくあせって逃走したのではないでしょうか。

あおり運転やひき逃げ事件が多々起きていて、被害者が亡くなるケースもありますが、今回の場合はまだ被害者は胸の骨の骨折で済んでおりましたので、逃げる方がリスクがあるように思います。

それほどまでに冷静な判断ができなかったのかもしれませんね。

ネットの反応

ネットのみんなの意見も載せておきます。

・ひき逃げした犯人は、当時、飲酒運転か何かヤバイものを持っていた可能性が高いと思う・・・
もしそうだとすると、逃げ得くを許してはいけないですね!

・相手の方亡くなられなくてよかったですね…。

・丁寧に岐阜県神戸町なんて書かなくても、神戸でひき逃げ。これだけで充分です。

関澤容疑者は酒好き車好き

関澤容疑者は大のお酒付きだったとのことですが、今回は飲酒運転かどうかは現時点では報道されておりません。

仮に飲酒運転だとしたらまた罪が一つ重たくなってしまいます。そして、SNSアカウントを見る限りでは車やバイクの販売なども行なっているようでして、頻繁にタイムラインに投稿されている様子が見受けられます。

買取もやっているようです。

さらには、関澤容疑者の職業である、塗装業の募集も行なっているようです。

仕事はたくさんあるようで、人手不足のような感じがしますね。

以上が関澤容疑者についてのまとめでした。