事件

佐々木潤一の顔画像は?女子中学生自宅侵入で強制性交した手口がヤバい(川西市)

寝ている女子中学生の自宅に侵入をし、強制わいせつを行なったとして30歳の佐々木潤一容疑者が逮捕されました。

今回は佐々木容疑者が起こした事件について詳しく解説をしてまいります!

事件の概要

まずは事件の概要から見て行きましょう。

民家に侵入し、就寝中の女子中学生に乱暴したとして、兵庫県警川西署は3日、住居侵入と強制性交の疑いで、兵庫県川西市西多田、アルバイト、佐々木潤一容疑者(30)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年12月15日午前1時半から3時半ごろ、川西市内の民家に侵入し、就寝中だった中学3年の女子生徒(15)に乱暴したとしている。

川西署によると、昨年末に女子生徒の家族が同署に相談し、事件が発覚。現場に残された微物などから佐々木容疑者を特定したという。

引用元:https://news.yahoo.co.jp川西市

寝ているところを襲われた感じですね。女子中学生とのことですが、自宅には被害にあった女子中学生のほか、1階に両親、2階に兄もいたとのことですが、当時は犯行には気づかなかったとのことです。

佐々木潤一のプロフィール

佐々木容疑者のプロフィールをまとめました。

名前佐々木潤一(ささきじゅんいち)
年齢30歳
住所兵庫県川西市西多田
職業アルバイト
逮捕理由強制性交、住居侵入の疑い

今回は住居侵入をした上、強制性交もした疑いが持たれております。佐々木容疑者は普段はアルバイトをしているとのことです。

佐々木潤一の顔画像は?

佐々木容疑者の顔画像についてですが、現時点では公開されておりませんでした。今回は強制性交と住居侵入の容疑とかなりの重罪とも言える犯行容疑がかけられておりますので、この手の事件は犯人の顔画像が公開されることは多いかと思います。

また公開されましたらこちらの記事でも更新をしてまいります。

事件現場

事件の現場は、今回被害にあった女子中学生の自宅とのことです。

犯行手口

佐々木容疑者は2018年12月15日の午前1時半ころに女子中学生の自宅に侵入をしました。当時女子中学生は就寝中とのことです。

侵入経路は1階の鍵がかかっていない窓から入り、2階で寝ていた15歳の女子中学生に性的暴行を加えた疑いがあるとのことです。

1階には両親、2階には兄がいましたが全員就寝中で気づかなかったとのことです。

時間的にも午前1時半なので寝ている頃でしょう。佐々木容疑者はあえてこの時間を狙ったのでしょう、

そして、容疑者は犯行に移ります。時間は午前3時半までの約2時間にわたり、女子中学生を強制性交した疑いがあります。

女子中学生は恐怖でいっぱいだったことでしょう。

佐々木容疑者が逮捕されたのは2月の3日ですので、事件の当時はおそらく現場から逃走したことがわかります。

女子中学生の自宅とのことなので両親や家族もいたと思いますが、時間的にも気づかなかったのでしょうか。

両親の方が警察に相談をし、現場に残された佐々木容疑者の微物や防犯カメラの解析および、佐々木容疑者とのDND一致により、容疑者が判明したのでしょう。

ネットの反応

日本では被害者のプライバシーで脅しての示談による性犯罪の野放しがおきている
犯行が事実なら日本こそGPS埋め込みが必要だ
再犯の可能性は非常に高い
これは何の言い訳も申し開きもできませんね、JCには何の落ち度もない。
可能な最高刑が必要です。
こんな事件が起こる度に、女性の、ましてや少女の将来が奪われる事に怒りを感じる。人を傷つけても平気な奴へ、因果応報があることを因果応報を祈ります。
知らない男が部屋にいるという恐怖で女の子はトラウマになって一生苦しむだろう。
性犯罪の犯人は出所したら再犯する可能性が高いのも分かっているなら、再犯させない方法を考えてほしい。
軽すぎる量刑も問題だと思うし、不規則になって野放しになることも問題。
性犯罪と危険運転は厳罰化すべき。

以上のコメントがYahoo!ニュースにて寄せられておりましたので一部引用いたしました。

女子中学生の方もこれから先、今回の事件はかなりトラウマになってしまいそうで心配ですね。