ゲーム

PUBGモバイルの各種スコープについて解説します【初心者向け】

アイテムを拾っていると、3倍スコープやレットドットサイトなどといったものが落ちていることがありますが、初心者の方からしたら何がどんなアイテムなのかわからない方もいると思います。

今回はスコープといっても様々な種類のスコープがありますので、一つずつ解説していこうかと思います!それでは早速ご覧ください。

PUBGモバイルの各種スコープ一覧

スコープとは、主に先頭に役立つ武器に装備するもので、種類によっては、スコープを覗いた時の見え方に違いがあります。

まずはどのようなスコープがあるのか、一覧にしてみました。

・レットドットサイト

・ホロサイト

・2倍スコープ

・3倍スコープ

・4倍スコープ

・6倍スコープ

・8倍スコープ

現段階では7種類ものスコープが存在していますね。ではこれらのスコープをどのようなスコープなのか?どのような場面で使えるのかなど、一つずつ解説していきます。

・レットドットサイト

特徴:真ん中に赤い点が一つある。敵のヘッドを狙いやすいようになっている?
使用場面:近距離から中距離の敵が狙いやすい。

レットドットサイトは真ん中に赤い点だけがある状態なので、視界が広く見えます。赤い点を合わせていけば敵のヘッドなど狙いやすいと個人的には思っています。笑

・ホロサイト

特徴:真ん中に赤い円があり、さらにその真ん中に赤い点がある。
使用場面:近距離から中距離までに使える。赤い丸の範囲がスコープを覗いた時に思っているより大きいので命中しやすい気がする。

ホロサイトは赤い円に敵を合わせると命中しやすいので、とにかく射撃を当てたいという方に向いています。

レットドットサイトとの違いは、中距離くらいになってくると、比較的視野が狭くなるので、どちらかというと近距離向けかなと個人的には思っています!

・2倍スコープ

特徴:相手の距離をスコープを覗いた時2倍縮めることができる。スコープを覗いた時は真ん中に緑の円がでてくる。
使用場面:中距離くらいで使える。

2倍スコープは主に中距離くらいで使えるスコープですね。人それぞれ使うスコープは違うと思いますが、僕は2倍スコープはあまり使いません。中距離くらいならレットドットサイトの方が個人的には命中しやすいと思っているからですね。

・3倍スコープ

特徴:相手の距離を3倍縮めてみることができるスコープ。
使用場面:中距離で使える。

3倍スコープは主に中距離向けですね、ただ4倍があるのなら4倍優先でいいと思います。

・4倍スコープ

特徴:相手の距離を4倍縮めてみることができます。真ん中に赤い矢印がでます。
使用場面:中距離までから遠距離に向いている。

4倍スコープは僕の一番のお気に入りスコープです。(笑)赤い矢印がかなり命中精度を上げてくれる気がして、スコープを覗いた時の感度もちょうどいい感じになります。

4倍スコープならアサルトでアタックすれば、中距離から遠距離の敵も瞬時に倒すことができるため、かなり強力なスコープだと思っています。

・6倍スコープ

特徴:相手の距離を6倍縮めてみることができるスコープ。スナイパーライフルにつけるのが主流ですね。
使用場面:遠距離に向いてます。

スナイパー使いには非常に使いやすいスコープですね。

・8倍スコープ

特徴:相手の距離を8倍縮めてみることができる。
使用場面:遠距離から超遠距離に使える。

8スコはスナイパーには必要不可欠のスコープだと言えます。超遠距離の敵も狙うことができます。karなどの組み合わせれば、2ヘルメットの敵なら一発で倒せますので、かなり強力です。笑スナイパーは一発あたればかなり強力なので8スコとの組み合わせは最強です。

組み合わせると相性がいい武器

レットドットサイトとホロサイトは、アサルトやサブマシンガンと組み合わせるのが王道ですね。2倍から4倍スコープはアサルトとの組み合わせがいいと思います。6倍から8倍はスナイパーライフルとの組み合わせが良いでしょう。

これらの判断材料は、僕の経験上使いやすいと思った個人的な意見であって、人によっては違うということもあると思うので、一つの参考にしていただければと思います!

まとめ

各種スコープについて解説してまいりました。スコープは使う武器や場面によって使い分けることが重要です!

レットドットサイトかホロサイトはどちらかは必須です!4スコも欲しいところですが、なければ3倍で代用もできますし、スナイパーをするのであれば、やはり遠距離を命中させるなら6倍から8倍は欲しいですね。

以上が各種スコープについての解説でした!
最後までご覧いただきありがとうございます!