ゲーム

PUBGモバイルの最初の降り方を検証!斜め降りは意味がない?

クラシックモードでは必ず行うのがこちらのジャンプですが、ジャンプを失敗してしまうと海に落ちたり、あとは何もない森の中に落ちたりしてまずい状況になったという方は多いかと思います。

そこで!今回は僕が実際にこのジャンプで飛べる距離や、ジャンプのやり方を色々と検証して参りましたのでご紹介していきたいと思います!

検証は合計で3回やってみました。ルールはジャンプと同時にピンの現在地のマーク設置をじおします。あとは真っ直ぐ降りる、斜めで降りる、視点を変えて降りる。これらを決めた上で検証をしてみました。

その①最初の降り方のコツは?

ジャンプのコツは、降りるタイミングと目的地のピン挿しが重要になってきます。その上でさらにテクニックがありますのでご紹介していきます。

まず1回目の検証ですが、最大どこまで飛べるのかというところにフォーカスを置いて飛んでみました。

飛び方としては最初の飛行機の状態から何も視点を変えずにジャンプしてみました。パラシュートが開いてもそのまままっすぐに飛び続け、着地をした距離が1240mでした。飛べる距離もそこまで遠くはないので、あまりいい方法ではないですね。

続いて2回目ですが、こちらは7月のアプデ前まではやっていた斜め降りにて検証してみました。結果は1450mです。

ちなみにアプデ前はこの斜め降りで約2000mはジャンプができていましたが、今は修正されて斜め降りの意味がなくなってしまっています。

そして3回目ですが、結果は1590mでした!実はこれもまっすぐに飛んでいるのですが、ただまっすぐに飛んだわけではありません。

3人称視点を一番上にスライドすると真下から自分を真上に見上げるような視点になります。

この視点のまま飛び続けると、普通に飛んだ1回目の1240mよりも350mは遠くに飛ぶことができているのがわかります。ちなみにこの後も4回5回とやってみましたが、大体1500mが限界でした!

3回検証してみた結果は?斜め降りは意味がなかった

・1回目1240m(真っ直ぐ降りる)
・2回目1450m(斜めで降りる)
・3回目1590m(視点を真上に切り替え真っ直ぐ降りる)

結果は3回目の1590mが最大距離となりました!

ですので、ジャンプをする際には1500m位まで飛べるんだな!という感覚で飛んでみるといいかと思います!

斜め降りは特に意味がないですね。以前のアップデートで意味がなくなりました。

飛べる距離はわかったけど降りる場所はどこがいいの?

降りる場所に関しては正解はありませんが、もしあなたがレートを上げたいというのであれば、一つ言えることは「激戦区にはいかない」ことです。そして降りる際には必ず目的地を決めておきます。

目的地は飛行機から1600m以上の距離の場所がいいでしょう。なぜかというと最大飛べる距離が1590mだったので、それ以上の場所には人が少ない傾向があるからです。

ですので、なるべく人がいなさそうな場所にピンを挿しておきましょう!

あとは、マップ上で道路や家がありますが、そこには車が湧いているポイントというのがあります。なので道路や家に向かってまずは着地を行い、車を確保しましょう。

そしてあらかじめ挿して置いたピンの目的地に向かって走り、物資を潤沢に確保しましょう!これらの動きはレートを上げるためにも有効ですので是非使ってみてくださいね!

PUBGモバイルのソロでドン勝つを取る方法やランクが上がる立ち回りを解説!PUBGモバイルのソロでの立ち回りについて解説していきます。 これからお伝えする立ち回りに関しては良くてドン勝つ、ドン勝つとはなら...

まとめ

初めのジャンプのコツは「視点を真上に切り替えてまっすぐに飛ぶ」です!この方法であれば距離にすると1590mは飛べますので、ジャンプの際に是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

また、降りる場所は車があるところで、車が確保できたら、次は人のいない場所に向かって真っ直ぐ進んでいきましょう。

以上がPUBGモバイルのジャンプのコツについてでした。
最後までご覧頂きありがとうございます!