生活

オンラインゲームをやめたい!依存症だった僕が完全脱出できた方法

どうも、レオンです!

オンラインゲームに没頭するあまり、時間がすぐに過ぎ去ると言ったことは依存症の方ならわかりますよね!

実際僕も中学3年生から社会人1年目まではオンラインゲーム中毒でした。。ですが、ある日を境にきっぱりやめることができました。

今回はオンラインゲームをやめたい!依存症だけどなかなかやめることができないと言ったお悩みの方に向けて、僕が脱出できた方法をご紹介していこうかと思います。

それでは早速みていきましょう!

オンラインゲームをやめたいと思った理由

まず、なぜオンラインゲームをやめたいと思ったのかについてお話ししていきます。依存症になるとゲームの中の人が友達になります。

友達と何時にダンジョンに行こう!という風に待ち合わせをするので、リアルでの予定を入れなくなってしまいます。

夜更かしは当たり前で、次の日は学校や仕事があるというにも関わらず、夜中3時まで平気でゲームをするなんてことも日常茶飯事でした。

朝早い僕からすると、こんな生活をしていたら当然寝坊だって増えましたし、目の下のクマや顔のやつれがひどくなり、会うたびにリアルの友人から「やせた?」とか言われます。

自分の顔を鏡で見るとやつれほそってるし、目の下黒いし骨と皮だけのスネおのような顔になっていることにきがつき、もうこんな自分は嫌だ!と思ったのがオンラインゲームをやめたいと思ったきっかけです。

オンラインゲーム依存から脱出できた方法

僕はレッドストーンというオンラインゲームにはまっていました。かれこれ3年くらいはまっていたと思います。

そこそこレベルも高くなり、ギルド内でもメイン戦力となる程の存在でした。課金もしていましたし、何回かやめようとしてソフトをアンインストールしますが、気づけばインストールをするという無限ループ。

きっぱりやめるにはどうすれば良いか?を考えた時に引退セールをしようと露店を開きました。レッドストーンというゲームはゲーム内で店を開くことができ、自分のアイテムを売ることができます。

結構良いアイテムや武器がありましたが、相場よりも大幅に安く販売をしました。すると人だかりがかなりでき、あっという間に僕の今まで集めた防具や武器は消え去りました。笑

アカウント削除

そして、その後にキャラ削除を行いました。キャラを削除すればもう復旧することはできません。例えばアカウント自体を削除するというのも良いと思います。

今まで頑張ってきたけどまた一からやるのはきついな。。という人間心理を利用してやめるという方法です。

もちろんこれだけでは依存症を脱出することはできません!今までゲームの世界でばかり友達を作り、リアルではまともに友達と遊んでいなかったのですぐにオンラインゲームの世界の居心地を思い出し、またやりたくなってくるんです。

ゲーム以外に没頭できることを見つける

そこで、現実世界で何か没頭できることを探すという手法。僕の場合ですと今もこうやって書いているブログであったり、読書や筋トレなども始めたり、普段はサラリーマンをしているので会社の同僚と飲みに行くこともあります。

こうやってなにか自分が没頭できることを探します。

そしてゲームは自分にとってなんの意味もないというマインドを叩き込みます。そのゲームをしていて、将来自分の何になるか?時間だけが過ぎていって歳だけ食っていくということに気づくことが重要なんです。

プロゲーマーとゲーム中毒者の違い

もちろん明確な目標があれば話は別です。例えばプロゲーマーになる。とかですね。ただ、オンラインゲーム依存症とのことで、プロゲーマーはどちらかというと依存症ではなく、仕事でやっているのでただ遊ぶのではなく、何度もなんども同じことを繰り返し、きちんと分析を繰り返します。ただ遊んでいる依存症とは違います。

ゲームをするメリットは無い

そうなんです。オンラインゲーム中毒はそのゲームをやっていて、自分にとって将来なんの意味もなさないんです。まず、このことに気づきましょう。そしてオンラインゲーム=時間泥棒ということにもきずきましょう。

もちろん中毒じゃ無いけどたまに友達と楽しくやるという方は問題ありません。今お話ししているのはあくまでも「中毒者=依存症」の方に対してです。

1日に5時間ゲームをしたとします。その5時間が例えば1ヶ月したとして、5時間×30日=150時間も無駄にしているということになります。

その時間があれば学生なら友達と遊んで友好関係を良好にしたり、家のお手伝いをしてお小遣いをもらったり。バイトのシフトを多めにして給料を増やしたりなどできますよね。

時は金なりとはまさにこのことです。


スポンサーリンク



オンラインゲーム中毒から脱出してよかったこと

ゲームをやめた僕は、朝起きるのが苦痛じゃなくなりました。ゲームをしていた頃は朝までゲームをしたりして寝不足が続き、仕事でもミスをしてしまったりということも多々ありました。

ゲームをやめることでミスも減りましたし、睡眠も取れるようになったので肌もカサカサだったのがつやつやになり、顔も若返りました。

あとは出費が減ったというのも大きな点です。社会時や学生でバイトをしていればお金がありますので、課金してしまいますよね。

ゲームをやめれば年間24万円浮いた話

僕は月に2万円は課金していたので、ゲームをやめることで年間24万円も浮くことになります。24万あったら何ができますか?

パソコン買えますし、高級焼肉店や高級寿司屋にも余裕でいけますし、海外旅行にだっていけます。もちろん将来のために貯金でも良いでしょう。

あとは目の下のクマも無くなるので、女性からも声をかけられやすくなった気がします。笑やはり、ゲームをしていた頃はデスノートのエルのような目になっていたので周りも声をかけずらかったんだと思います。

ゲームをやめることでいいことがこんなにもたくさん出てきます。

またゲームをやりたくなったら?

ここまではオンラインゲームに関してのやめ方や、やめることのメリットなどをお話ししてきました。

ここからはその後の対策についてお話をしていきます。オンラインゲーム中毒になると、一時はそのゲームをやめることができたとしても、いずれまたゲームをやりたくなってくることがほとんどです。

そこでまた手をつけてしまうとせっかく脱出できたのにまた悪循環に陥ってしまいます。とはいえ、またゲームをやらないようにするということは可能です。

その方法として、スマホアプリのゲームは絶対にダウンロードしないこと。

テレビゲーム機は全てゲーム屋に売り飛ばすこと。つまり、自分の周りにゲームという存在を抹消してしまうということです。

お腹が空いている時お肉を見ると、よけいにお腹が空いて食べたくなりますよね?ゲームも同じで、ゲームを見るとゲームをしたくなるんです。なので絶対に排除しないといけません。

まとめ

さいごになりますが、これをみてオンラインゲームをやめよう!と思えましたでしょうか。もし思えたという方は今この瞬間から行動!しなければなりません。

アカウントを削除し、何か没頭できることを見つけ、そして、ゲームをすることで自分にとって何の意味もなさないということを考えましょう。

そして明るい未来に向かって進んでいきましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。