NARUTO

ナルトの大蛇丸の呪印とは?種類や効果・使用キャラについてもまとめ

NARUTO(ナルト)に登場する「大蛇丸

大蛇丸の呪印を使用する者はなんとなく強くなるイメージがありますが、そもそも呪印の種類や具体的な効果はどのようなものなのかが気になりますね。

そこで今回は

  • 大蛇丸の呪印とは何か
  • 大蛇丸の呪印の種類や効果
  • 大蛇丸の呪印を使用できるキャラ

上記について解説していきます。

ナルトの大蛇丸の呪印とは?

それではさっそく呪印とは何かについて解説していきます。

大蛇丸の呪印とは「重吾」の体液から作られたもの

呪印とは、大蛇丸が重吾(じゅうご)の体液を使って作り出した「ステータスを強化するための能力」のことを言います。

呪印は大蛇丸が与えた者であれば使用することが可能になります。

作中では「音の四人衆」や「うちはサスケ」らが呪印を与えられ使用していました。

呪印はステータスをアップさせるだけではなく、大蛇丸のチャクラも含まれているため、同時に大蛇丸の意識(チャクラ)もあるといった状態になります。

そのため、一度死んだ大蛇丸はアンコの呪印にあった自身のチャクラとカブトの細胞によって復活することができました。

重吾の一族は生まれつき特異体質

呪印唯一のオリジナルである「重吾」

彼はサスケの仲間になる前は大蛇丸の監視する牢の中に閉じ込められていました。

そんな重吾の一族は生まれつき「自然エネルギー」を取り込むことのできる「特異体質」を持っています。

重吾がたまに急に自我を失い暴走するのは「呪印にとらわれてしまっている状態」です。

ちなみに重吾の一族では呪印状態のことを「仙人化」といっていたようです。

呪印状態になれば仙術チャクラを扱えるようになりますので、大幅にパワーアップすることができます。

大蛇丸はそんな重吾の能力に目をつけ、重吾の体液から呪印を作りだしたのです。

ナルトの大蛇丸の呪印の種類や効果・使用キャラまとめ

それでは大蛇丸の呪印の種類や効果、使用キャラについて解説していきます。

大蛇丸の呪印の種類や効果

大蛇丸の呪印の種類とは、呪印状態1と呪印状態2の2種類になります。

  • 呪印状態1:体の一部分から全身が呪印に覆われた状態
  • 呪印状態2:全身を呪印で覆い尽くし、姿形も変化させた状態

呪印の効果は先述したステータスを大幅にあげることができます。

具体的には呪印を使うと「仙術」チャクラが扱えるようになり「自然エネルギー」を取り込んで忍術や体術の威力を強化することができます。

呪印のメリットとデメリット

大蛇丸の呪印にはメリットだけではなくデメリットも存在します。

  • 仙術チャクラを使用して術や身体能力を向上させることができる
  • 仙人モードとは違い仙術を身につけるための修行が必要ない
  • 慣れないうちは扱いが難しく任意のタイミングで発動が困難
  • 呪印に囚われてしまうと自我を失い、重吾のように殺人衝動に襲われて暴走する
  • 呪印の負担で死亡するリスクもある

呪印を使用すれば仙術を使うことができますが、そのための修行が必要がないのは大きなメリットだと思います。

しかし呪印は誰もが扱えるものではなく、呪印に囚われてしまうと自我を失い暴走してしまったり、死んでしまうというデメリットも存在します。

サスケは死の森で一度呪印にとらわれていましたが、次第にうまく扱えるようになっていました。

呪印を使用していたキャラ

作中で呪印を使用していたキャラをまとめてみました。

呪印使用キャラ
  • 次朗坊
  • 鬼童丸
  • 左近・右近
  • 多由也
  • 君麻呂
  • うちはサスケ
  • 重吾

主に上記メンバーが呪印を使用していました。

みたらしアンコに関しては大蛇丸の呪印はありますが状態1.2共に描写がないため、そもそも使用ができるかどうか不明なので含めておりません。

また、雑魚キャラなども含めると呪印を使えるキャラは他にも大勢います。

サスケ呪印はいつ消えた?

サスケの呪印が消えたのはイタチと戦った時のことです。

イタチに追い込まれていたサスケは呪印状態2の姿でチャクラを使い切ってしまい、大蛇丸が出てきたところをイタチがスサノオの「十拳剣」で封印しました。

危うく大蛇丸に乗っ取られかけていたサスケは兄のイタチによって救われたのです。

そのためサスケはイタチ戦以降「呪印を使わなくなった」のです。

>>うちはイタチの技名一覧!幻術や忍術の種類や能力を全部まとめ

うちはイタチの技名一覧!幻術や忍術の種類や能力を全部まとめNARUTOに登場する「うちはイタチ」 イタチが使用する技が一体どれくらいあるのかが気になりますよね。 イタチは幻術「月読」...

大蛇丸の呪印まとめ

大蛇丸の呪印とは何か、呪印の種類や効果・使用キャラについて解説してきました。

内容をまとめますと

  • 呪印とは大蛇丸が重吾の体液から作り出したステータス強化をするための呪い
  • 呪印は状態1と2があり、仙術チャクラを扱えるようになる
  • 呪印に囚われると自我を失い死亡するリスクもある

このようになります。

呪印は修行不要で仙術を使えるというメリットがありますが、呪印にとらわれてしまえば死亡するリスクもあります。

イタチがサスケの中の大蛇丸をわざと引き出して封印したのも、サスケが呪印にとらわれないようにするためだったのです。

それでは今回はここまでとなります。

関連記事