事件

成田祐介の顔画像は?名古屋市熱田区で飲酒運転をした言い訳がヒドイ

2019年2月10日、名古屋市熱田区で飲酒運転をしたとして会社員の成田祐介容疑者が逮捕されました。

近年社会問題になっている飲酒運転ですが、まだ起きてしまいました。

けが人や大事故にはならなかったものの、飲酒運転は絶対にしてはいけないですよね。

今回はこの事件について詳しく解説をしていきます。

事件の概要

まずは事件の詳細からご覧ください。

10日未明、名古屋市熱田区で酒を飲んで車を運転したとして、30歳の会社員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、同市南区の会社員、成田祐介容疑者(30)です。警察によりますと、成田容疑者は10日午前2時ごろ、酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、熱田区内の市道で中央分離帯に衝突した酒気帯び運転などの疑いが持たれています。

成田容疑者の車に同乗者はおらず、けがをした人はいませんでした。

成田容疑者の呼気からは基準を超えるアルコールが検出されていて、警察の取り調べに対しては「酒は飲んだが車は運転していない」などと容疑を一部否認しているということです。

引用元:Yahoo!ニュース

容疑は否認しているとのことですが、覚えていないのでしょうか。

お酒は飲んだが運転はしていないというのは、なんといいますか、かなり無理のある言い訳に聞こえてしまいます。

基準値を超えるアルコールが検出されているので、言い逃れはできなさそうですよね。

成田祐介の顔画像は?

容疑者の顔画像は現在のところ公開されておりませんでした。

近年社会問題になっている飲酒運転なので顔画像は公開されるかもしれません。

また公開され次第こちらでも更新してまいります。


スポンサーリンク



成田容疑者のプロフィール

成田容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前成田祐介(なりたゆうすけ)
年齢30歳
住所名古屋市南区
職業会社員
逮捕理由飲酒運転の疑い

今回は飲酒運転の疑いで逮捕されました。成田容疑者の住所は、愛知県名古屋市南区に在住との事です。

普段は会社員でしたが、年齢的にも妻子がいてもおかしくないですね。

この一件で職を失ってしまう可能性も高いでしょう。

まだ30歳と若いですが、とても残念です。


スポンサーリンク



事件の現場

現場は愛知県名古屋市熱田区の市道の中央分離帯との事です。

中央分離帯に衝突し、事件が発覚したとの事です。

今回はけが人などはいなかったのが不幸中の幸いと言えるでしょう。

飲酒運転をする理由

これだけ社会問題になっているにもかかわらず、なぜ飲酒運転をしてしまうのでしょうか。

この事件ではけが人がいなかったものの、最悪の場合車との衝突事故や、けが人などが出てもおかしくないですよね。

中央分離帯に衝突するということは、それだけ酔っていたということですから、人や車にぶつかる可能性だってあったことでしょう。

2月10日の午前2時頃との事なので恐らくですが会社や知人と飲みに行っていたのでしょう。

自分ならお酒を飲んで運転しても大丈夫というら安易な考えが、重大な事故につながってしまいますよね。

ネットの反応

Yahoo!ニュースのコメントを一部引用しました。

逆の言い分ならわかるが中央分離帯に衝突して同乗者もなしで運転していないは無理がないか?
酒は飲んだが運転はしていないの発言がもう酔っ払い
名古屋も飲酒運転多いな
昼間のスピード違反より夜間の飲酒検問に力を入れたほうがいいぞ、警察さん
記憶がないほど飲んだという事ですね。二度と免許を交付しないでほしいです。他人が巻き込まれなくてよかったと思います。

言い訳が無理があるととか。他人が巻き込まれなくてよかったなどのコメントが多かったですね。

この一件で少しでも日本の飲酒運転が減ることを願います。