事件

名神高速道路事故の大型観光バス会社や運転手特定?【滋賀県草津市笠山5丁目】

2019年5月24日に、名神高速道路上り線の草津ジャンクション付近で、大型観光バスが乗用車に追突をし、次々と衝突する事故が発生しました。

この事故で女性2人(うち小学生1名)が重傷で他15人もの負傷者が出てしまいました。なかなか減らない車両事故ですが、一体なぜ事故は起きてしまったのか。追記→大人女性1名が亡くなりました。

また、今回事故の発端となった大型バスの会社はどこなのかや、運転手についても調べてみました。

今回はこの事件について解説をしていきます。それでは早速みていきましょう。

名神高速道路で大型バスが事故

24日午後4時20分ごろ、滋賀県草津市笠山5丁目の名神高速道路上り線の草津ジャンクション(JCT)付近で、大型観光バスが乗用車3~4台に相次いで衝突する多重衝突事故が発生した。

滋賀県警高速隊や大津市消防局によると、女性2人が意識不明の重体で、うち1人は小学生くらいの子どもとみられる。

少なくとも15人の負傷者が出ているという。県警によると、名神高速道路から新名神高速道路に分岐する一番左側の車線で観光バスが別の車に衝突したという。

県警は、観光バスの男性運転手(52)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。

西日本高速道路によると、同上り線の京都東インターチェンジ(IC)-草津JCTを通行止めにしている。

引用元:Yahoo!ニュース

名神高速道路で起きた事故現場は、滋賀県草津市笠山5丁目あたりとなっています。大型バスによる追突ですので、かなりの衝撃が走ったことだと思います。

意識不明の重体者が2名で、その内ひとりが小学生くらいの子供とのこと。なんとか意識を取り戻していただきたいところです。。

神戸市兵庫区大開通で男子生徒が飛び降り自殺?動機や中学校について調査


スポンサーリンク



大型観光バスの会社や運転手についての情報

こちらに関してお調べを致しました。事故現場付近にある大型バスは一台なので、恐らくですが、このバス会社だと思われます。


引用元:Yahoo!ニュース

バス会社名は株式会社WORLDCABINで本社は東京都新宿区新宿5-17-11 白鳳ビル 7Fにあるようです。

地図にも同じバスが写っております。また、運転手の情報に関しては氏名は公開されておらず、年齢は52歳で、この一件により、自動車運転処罰法違反の疑いで現行犯逮捕されたようです。

事故現場写真

また事故現場の写真も入手いたしました。

meishinkousokujiko
引用元:Yahoo!ニュース

大型バスは右奥にあります。正面ガラスは大きく割れております。また、左側の車両に関しては横転しています。

meishinkousokujiko
引用元:Yahoo!ニュース

大きく散らばったガラスと大型バスの正面ガラスの割れ方。また、横転している車両から見る限り、車両速度は速かったのではないでしょうか。


スポンサーリンク



高速道路では車間距離が狭いケースが多い?

名神高速に限らず、高速道路ではどうしても前の車両との車間距離が狭いケースが多いようです。

トラックドライバーですが、一般道含めて特に高速道路に関しては、ほぼ80%ぐらいの方々は前との車間距離が短いし、何かあれば皆さん止まれる事の出来ない車間距離です。

だから、事故が起きれば当たり前の多重事故になるのです。 まさか、自分の前で事故なんか起きる事ないと思ってる方々がほとんどでしょう。

高速で走行中に、前の車が急ブレーキを何かしらの理由で止まる事をいつも想像してもらいたい。

そうすれば、車間距離は自然と時速とほぼ比例するのです。 私は、ずっとトラックの運転手ですが、高速道路では想像もしない事が本当にしかも急に起こるのです。

今一度、車間距離をしっかり保持してる車に対して、遅いなぁと思わず皆さんで安全な車間距離をとる事を切に願います。何の罪のない子供やその家族が悲しむ事故をみんなでなくす努力をして欲しいと思います。

引用元:Yahoo!ニュース

トラックドライバーの方がほぼ80%の確率で車間距離が短いとおっしゃっております。確かに高速道路となると、一般道路と比べスピードも出せますし、車間距離が気づいたら狭くなっていたということもありますよね。

今回の事故がどの程度の車間距離だったのかはわかりませんが、大型バスが正面ガラスが割れているので、恐らく正面からぶつかったのではないでしょうか。

車間距離を余裕を持って開けていれば防げた事故なのかも知れません。

北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤める40代のカナダ人は誰?【暴行事件】

ネットの反応

月に一回のペースでここを通りますが、合流にはかなり気を使います。なにせ遅い車と速い車が入り乱れて怖い。新名神が伸びてきた今、一番の危険地帯ではないでしょうか。気をつけましょう。
車外放出はシートベルトしてなかった可能性が高いまだまだ後部座席はしてない人が多いのは課題だと感じる
集中工事のやり方を考えて欲しいです。再来週からは名神。またいたるところで事故が多発するんでしょうね。この画像を見ると観光バスは急ハンドルでさせたんでしょうね。事故を避けるのには車間距離とブレーキです。ムリにハンドルで避けるとこのようになります。
新名神で工事してて渋滞してたけどな。その影響かな。滋賀に住んでるが最近事故のニュースばっかりだな。みんな気をつけてほしい。
最近またバスの事故が多いのですがオリンピックに向けてバスとバスの運転手を増やそうとしてますが初心者と高齢の運転手が多くなるだけで大丈夫なんですかね?


スポンサーリンク



さいごに

名神高速道路で大型バスによる事故が起きて、多くの方々が負傷してしまいました。このような事故が起きないように少しでも工夫をするとするのであれば、車間距離を保つ事や事故にあいそうと思った時の即座の急ブレーキ。

そもそものシートベルト着用(後部座席も)また、規定の速度で走行することが大事ですね。

以上が5月24日に起きた名神高速道路事故についての解説でした。最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。