鬼滅の刃

鬼滅の刃善逸は二重人格でヘタレな性格?戦闘中になぜ寝るのかも解説!

鬼滅の刃に登場する雷の呼吸の使い手「我妻善逸」

善逸は女性にも人気で、ヘタレキャラとしても有名ですよね。

鬼を見ると恐怖で震え出し、戦闘から逃げようとする姿は鬼殺隊とは思えないヘタレっぷり。

しかし、善逸はやるときはやる男

戦闘中に急に居眠りをし鬼を瞬殺するシーンなどもあり、実は二重人格なのではないか?と言われるようにもなりました。

今回は「善逸は二重人格でヘタレな性格なのか戦闘中になぜ寝るのか」についてお話ししていこうかと思います!

それでは早速みていきましょう。

鬼滅の刃善逸は二重人格でヘタレな性格?

善逸といえば最終選別時にやたらと震えていましたよね。初めは弱々しくてヘタレな性格なのかなと誰もが思ったことでしょう。

そんな善逸は戦闘中に寝ることがあり、そして突然人が変わったかのような雰囲気を出すことがありますよね。

あれは二重人格なのでしょうか?

>>鬼滅の刃の善逸は鳴柱になるのは確定?最強説や天才と呼ばれる理由も解説!

善逸は二重人格ではない

まず二重人格について調べてみました笑

同じ人が場合によって別の人のように行動すること。そういう性格。

一人の人間の中に二つの人格が存在し、ある時に言動が全く別人のようになり、ある時間がたてばまた、もとの人格にもどること。

これを見る限り、善逸は二重人格ともいえますし、そうではないとも捉えられますね。

上記の説明の「同じ人が場合によって別の人のように行動すること」というのを、善逸に置き換えてみましょう。

善逸は初期の頃、鬼と戦う時には居眠りをして無意識に戦闘を初め、鬼を殺していましたので、善逸の普段のヘタレキャラ感はありませんでしたね。この時だけで考えれば二重人格ともいえます。

ただ、善逸は物語が進むにつれて、だんだんと居眠りをせずに戦いができるようにもなってきますので、二重人格ではなかったのではないかとおもいます。

善逸は病弱でヘタレな性格?

善逸が普段から病弱でヘタレな性格だと思われるようになったのは、やはり最終選別時とその後の森に入る前のこと。

1人暗闇の森の中に入ることを怖がり、途中まで1人で森の前で残っていました。これもヘタレだからこそ自分だけが残っていたのでしょう。

病弱だと思われるのは、すぐに泣くことや鼻水を垂らすところや、目の下のクマなどをみて、弱々しいから病弱なのでは?と思われるようになったのでしょう。

実は善逸は同期の中で一番ポテンシャルがある

善逸はヘタレキャラという印象をもたれておりますが、実は一番ポテンシャルがあるのではないかと思います。

そう思う理由としては、雷の呼吸を壱ノ型しか使えないにもかかわらず、鬼殺隊に入り鬼を瞬殺するほどの力を持っていること。元鳴柱の師匠の元で訓練をしていたこと。

そして、善逸は十二鬼月の鬼(かいがく)とも戦うことになりますが、この時の善逸も凄まじい力を出しておりましたので、鳴柱になるのはもう確定なのでは?と思いました笑

それらのこともあり、善逸は最終選別で生き残った同期の中でも一番ポテンシャルがあるのかもしれません。

善逸が戦闘中になぜ寝るのか解説

善逸(ぜんいつ)

善逸は幼少期の頃から緊張が極限に達すると、突然寝てしまうのです。

なぜ緊張すると突然寝てしまうのかまでは明らかになっておりませんが、戦闘中に突然眠りながら戦うことについては、噂によると「夢遊病」ではないか?と言われております。

夢遊病とは、睡眠中にねぼけながら活動を繰り返すことだそうで、善逸が居眠り中であるにもかかわらず鬼と戦闘できるのは、この病気が関係しているのではないかといわれているのです。

まとめ

まとめると、善逸は普段はヘタレな性格ですが、いざというときにはやる男なので一番ポテンシャルがあると思います笑

そして、緊張が極限まで達した時に突然居眠りをし、戦いを始めますが、こちらに関しては「夢遊病」ではないかともいわれていました。

それでは今回はここまでとなります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

この記事がいいなと思ったらぜひブックマークやSNSでシェアお願いします☆

関連記事