鬼滅の刃

鬼滅の刃手鬼のセリフまとめ!最終選別藤襲山で判明した過去が悲しい

鬼滅の刃(きめつのやいば)の最終選別で登場した手がたくさんある鬼、その名も「手鬼(ておに)」

手鬼によって多くの犠牲者が出ていたようですが、最終的に手鬼は炭治郎によって撃破されてしまいました。

今回は最終選別で登場した手鬼の名セリフをまとめてみました。

鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法をご紹介します。 結論からお伝えすると、以下の電子書籍サイトを利用することで、鬼滅の刃の漫画を...

鬼滅の刃最終選別の鬼「手鬼」とは

手鬼は名前の通り手がたくさんある鬼で、47年前に元水柱・鱗滝 左近次によって藤襲山(ふじかさねやま)という山の牢獄に入れられておりました。

そのため手鬼は、鱗滝に個人的な恨みをもち、鱗滝の弟子を食い殺すことで復讐をしていたのです。

鬼滅の刃元柱一覧!花柱や鳴柱など歴代メンバーの名前や引退理由についても鬼滅の刃に登場する鬼殺隊の最強部隊「柱」 過去のシーンで登場した歴代の柱たちの名前は何なのかと、元柱たちはどのような人物なのかが気...




鬼滅の刃手鬼のセリフ・名言まとめ

手鬼のセリフについてまとめてみました。

手鬼の初登場時のセリフ

まず手鬼が初登場した時の第一声が

また来たな俺の可愛い狐が

炭治郎が鱗滝からもらった狐のお面を被っており、これまでにも鱗滝の弟子たちが狐のお面を被っていたことから「また来たな」というセリフがでてきたのでしょう。

手鬼が年号を確認する時のセリフ

次に手鬼が発したセリフが

狐小僧今は明治何年だ

これは手鬼が47年間もの間山に閉じ込められていることから、年号がわからなくなっていたシーンです。

そして炭治郎が「今は大正時代だ!」といったところ、手鬼は発狂し、こう言いました。

アアァアアア 年号がァ!! 年号が変わっている!!

47年も閉じ込められているのであれば、年号を忘れるのも無理もありませんね…。




手鬼が炭治郎を怒らせた時のセリフ

その後も手鬼は炭治郎に向かって

50人は食ったなぁガキ共を

と衝撃の発言をしました。

その50人の内13人が鱗滝の弟子だったといいます。

さらにその13人の中には錆人という炭治郎の修行相手となっていた少年もいました。

炭治郎は錆人やこれまでに大勢の子供を食べてきた手鬼に腹を立て、最終的に手鬼の頸を切り殺害しました。

手鬼の悲しい過去を連想させるセリフ

手鬼は炭治郎に頸を切られた後に回想シーンがありました。

その際に手鬼が発した言葉が

兄ちゃん怖いよ 夜に一人ぼっちだ

俺の手を握ってくれよいつものように

どうして俺はにいちゃんを咬み殺したんだ

といいました。

これは手鬼が生前に兄が居たが、自らの手で咬み殺してしまったということが想像できます。

鬼になったことで、人間だった兄を咬み殺したのかもしれませんね。

手鬼が死ぬ間際に発した最後の言葉は

・・・・・・あれ?兄ちゃんって誰だっけ

鬼になったことで生前の記憶がほとんどなくなったことから、兄の記憶もかすかにしか残っていなかったのでしょう。

炭治郎は手鬼の最期の時に「悲しい匂い」といい、「神様どうかこの人が今度生まれてくる時には鬼になんてなりませんように」と言い、手鬼は塵となって消えていきました。




鬼滅の刃手鬼のセリフまとめ

最終選別に登場した「手鬼」のセリフについてご紹介してまいりました

手鬼は50人もの子供の命を喰らった凶悪な鬼です。

しかしそんな手鬼も生前は普通の人間でした。

炭治郎がいうには「悲しい匂いがする」とのこと。

手鬼の回想シーンのセリフから見て、おそらく生前は仲の良い兄がいたが、鬼になってしまったことで咬み殺してしまったという可能性がありますね。

それでは今回はここまでとなります。

「この記事で紹介した手鬼のセリフの著作権:©吾峠呼世晴/集英社(鬼滅の刃単行本より引用)」

関連記事