鬼滅の刃

鬼滅の刃炭治郎の刀が黒い理由は?なぜ黒いのか日輪刀の色について考察

鬼滅の刃の主人公「竈門炭治郎」が使用する「日輪刀」

炭治郎は鬼殺隊の中で唯一刀の色が黒色なので、なぜ黒いのかと疑問に思いますよね。

そこで今回は、炭治郎の刀が黒い理由と黒の日輪刀に隠された秘密について考察していきます。

鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法をご紹介します。 結論からお伝えすると、以下の電子書籍サイトを利用することで、鬼滅の刃の漫画を...

鬼滅の刃日輪刀とは

まず日輪刀とは何なのかについて見ていきましょう。

日輪刀ができあがるまで

日輪刀は太陽に1番近い山である「陽光山(ようこうざん)」の砂鉄と鉱石を原料にして作られています。

陽光山の原料は太陽の光を吸収する性質を持っているため、鬼の頸を斬ることができます。

使い手はこの原料を自ら選び、刀鍛冶に刀を作ってもらいます。

炭治郎は最終選別を終えた後に原料を選び、刀鍛冶の鋼鐵塚(はがねづか)さんにその原料を渡し、刀を打ってもらいました。

日輪刀は色も力も使い手次第

日輪刀は使い手が初めて刀を抜いた瞬間に色が変わります。

そして、日輪刀は色によって対応する呼吸も変わるといいます。

一例ですが下記のような感じです。

  • 炎の呼吸→赤色
  • 水の呼吸→青色
  • 風の呼吸→緑色
  • 岩の呼吸→灰色
  • 雷の呼吸→黄色
  • 霞の呼吸→白色
  • 恋の呼吸→桃色
  • 蛇の呼吸→紫色

炭治郎の刀は「黒色」ですので、上記の呼吸には当てはまりません。

ただ、炭治郎は水の呼吸以外にもヒノカミ神楽が使えるので、ヒノカミ神楽→黒色という可能性も考えられます。




鬼滅の刃炭治郎の刀が黒い理由は?

それではここから炭治郎の日輪刀が黒い理由について原作を元に解説していきます。

炭治郎の刀鍛冶は「見たことがない」

炭治郎は最終選別を終えた後に日輪刀の原料を選び、刀鍛冶に渡しました。ちなみに炭治郎の刀を打った刀鍛冶は「鋼鐵塚」さんといいます。

鋼鐵塚さんは炭治郎に刀を渡し、炭治郎が抜刀した時にでた黒色については「あまり見ないな漆黒は」といっていました。

隣にいた鱗滝師匠も同じことを言っていました。

しかし、あまり見ないということは、反対に「見たことはある」とも捉えられますね。

ただそれ以上鋼鐵塚さんが黒刀について語ることはありませんでした。

炎柱・煉獄は「きつい」

次に、炭治郎は無限列車で炎柱・煉獄杏寿郎と出会い、自身の刀が黒い理由について質問をしました。

すると煉獄は「黒刀の剣士が柱になったのを見たことがない」「どの技を極めればいいのかもわからない」といっていました。

つまり、黒の日輪刀の存在自体、刀鍛冶や鬼殺隊にはほとんど知れ渡っていないということがわかりました。




炭治郎の刀がなぜ黒いのか日輪刀の色について考察

ではなぜ炭治郎の日輪刀が黒になったのかについて、筆者の見解をお伝えしていきます。

まず、炭治郎の先祖は「炭吉(すみよし)」という人物で、炭吉はヒノカミ神楽の使い手だったため、そのヒノカミ神楽を竈門家代々受け継いできました。

炭治郎の父「炭十郎(たんじゅうろう)」もヒノカミ神楽を炭治郎へと継承しました。

そして、炭吉は始まりの呼吸の剣士である「継国縁壱(つぎくによりいち)」という人物からヒノカミ神楽を継承されています。

継国縁壱は始まりの呼吸(日の呼吸)の使い手で、彼の持っていた刀は「漆黒」だったといいます。

つまり、初めに「炭吉」が漆黒の日輪刀を持つ「縁壱」から呼吸を受け継ぎ、その呼吸を竈門家代々受け継がれてきたため炭治郎の刀も黒になったのではないかと考えられます。

炭治郎の刀の名前・能力・折れる理由についても

炭治郎の刀の名前、能力、折れた理由などについても解説していきます。

炭治郎の日輪刀の名前や能力

炭治郎の刀の名前は「日輪刀(にちりんとう)」といい、特別な名前などは特にありません。

また、日輪刀には個人の特殊な能力などはなく、強いて言うなら使い手によって「色が変わる」くらいです。

炭治郎の日輪刀が折れる理由とこれまで折れた回数など

炭治郎は那田蜘蛛山で累と戦闘を行った際に一度刀が折れていますが、あれは炭治郎が水の呼吸に適応していないからというのと、炭治郎の戦闘力が累に届いていなかったということがうかがえます。

上弦の陸「堕姫」との戦いでも炭治郎の日輪刀が早々に刃こぼれをおこし、その際に自身で「水の呼吸が合わない」といっていましたので、刀が折れるのは適応していない呼吸を使用したからということが最も大きな理由だと考えられます。

ちなみにこれまで炭治郎の刀が折れたのは1回のみです。参考までに下記に炭治郎のこれまでの日輪刀事情を載せておきます。

  • 0代目:鱗滝左近次に借りていたもので、最終選別後に返却したと見られる
  • 初代:下弦の伍「累」との戦いで折れ、使用不可となる
  • 二代目:上弦の参「アカザ」が逃走する際に刀を投げ刺し、その後アカザに処分される
  • 三代目:上弦の陸「堕姫」との戦いで刃こぼれし、使用不可となる
  • 四代目:上弦の肆「半天狗」の頸に食いこんだ後行方不明
  • 五代目:縁壱零式の漆黒の刀を使用




炭治郎の刀が黒い理由まとめ

炭治郎の刀が黒い理由についてお話ししてきました。

内容をまとめますと

  • 黒刀の真の理由は刀鍛冶も鬼殺隊にも詳細がわからない
  • 炭治郎の先祖は漆黒の刀の使い手「縁壱」から呼吸を継承していた
  • 縁壱の刀が黒かったので炭治郎の刀も黒くなったのではないかと考えられる

以上の結果となりました。

それでは今回はここまでとなります。

関連記事