鬼滅の刃

音の呼吸全型一覧!壱の型〜伍の型まで宇髄天元の使う技を全部まとめ

鬼滅の刃に登場する派手を司る神、その名も「宇髄 天元」

宇髄 天元は音柱で2刀流としても有名です。

天元が使用する「音の呼吸」の威力は抜群で、一度食らうと生きていたものがいないともいわれております。

そんな高火力な音の呼吸とは、一体どのような技なのでしょうか?

鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法をご紹介します。 結論からお伝えすると、以下の電子書籍サイトを利用することで、鬼滅の刃の漫画を...

音の呼吸全型一覧!壱の型〜伍の型まで宇髄天元の使う技を全部まとめ

それでは早速、音の呼吸について順番にみていきましょう!

壱ノ型 轟(いちのかた とどろき)

壱ノ型 轟

音柱の宇髄 天元(うずいてんげん)の嫁が鬼にさらわれた際に、地面に隠れていることを知り、地面に向かって使用しました。

天元の2本の刀から繰り出される強力な轟は桁違いの爆発を起こすため、とにかく火力に特化した技です。

技の仕組みがどうなっているのかは不明とのことで、その理由としては「天元の轟を喰らって生きたものがいない」とされているからだそうです。

弐ノ型 不明

現時点で弐ノ型に関しては、原作で公開されておりません。

参ノ型 不明

現時点で参ノ型に関しても、原作では公開されておりません。

肆ノ型 響斬無間(しのかた きょうざんむけん)

肆ノ型 響斬無間

十二鬼月の上弦の陸「妓夫太郎(ぎゅうたろう)」との戦闘で使用しました。

その場で立ち止まり、2本の鎖で繋がった刀を高速回転させ、爆発と共に敵を斬りつける技です。

妓夫太郎にはかわされてしまいましたが、広範囲で爆発および高速回転する刀に少しでも触れてしまうと、致命傷を受けることは間違い無いでしょう、

伍ノ型 鳴弦奏々(ごのかた めいげんそうそう)

伍ノ型 鳴弦奏々

十二鬼月の上弦の陸「妓夫太郎(ぎゅうたろう)」との戦闘で使用しました。

2本の刀を高速で回転させ、相手に向かって斬りつけるとともに、爆発による追加ダメージも与えることができます。

この時天元は妓夫太郎の毒をもらってしまったため、一気にカタをつけようと本気を出した瞬間でした。

しかし妓夫太郎には避けられてしまいました。




音の呼吸の特徴・使い手・派生・日輪刀の色について

音の呼吸について解説してまいりました。

音の呼吸はなによりもエフェクトがかっこいいですね!

それではここからは、音の呼吸の使い手・派生・日輪刀の色などについて解説していきます。

音の呼吸の使い手・宇髄 天元(うずい てんげん)

音の呼吸の使い手は音柱の宇髄 天元です。

天元は10月31日生まれで年齢が23歳で身長は198cm、体重は95kgです。

天元の大柄な体型は大正時代には珍しいといわれており、恵まれているとのこと。

趣味は3人の嫁と温泉巡り、秘湯探しとのことで、好きな食べ物はふぐ刺しです。

口癖は「派手に」で、自称「派手を司る神」と呼んでいます。その為、一部のファンからも「派手柱」と呼ばれていたりもします。

敵に対して「地味に〇〇」と使うこともあり、これは敵を罵倒する際に使われることが多いとみられます。

また天元には「須磨」「まきを」「雛鶴」の3人の嫁がいるため、一夫多妻ということになります。

なお、この3人の嫁たちからはかなり慕われており、嫁同士も仲が良いです。

天元は普段から化粧をしており、輝石をあしらった額当てを着けているため素顔がわかりづらいですが、額当てを取ると髪は長くて顔はイケメンです。

あまりのイケメンさに善逸からは嫉妬の声が寄せられていました。

宇髄天元と3人の嫁の馴れ初めは?須磨・まきを・雛鶴の名前や死亡説についても【遊郭編まとめ】鬼滅の刃(きめつのやいば)の鬼殺隊 音柱「宇髄天元(うずいてんげん)」 宇髄天元には3人の嫁がいますが、馴れ初めはどのようなものだ...

音の呼吸の派生は?

音の呼吸は雷の呼吸の派生です。

雷の呼吸は「風・水・炎・岩・雷」の五大流派の内の雷で、その雷の呼吸から音の呼吸へと派生しました。

また、音の呼吸からの派生は現時点ではありません。

音の呼吸の日輪刀の色

音の呼吸の対応する日輪刀の色はだいだい色ということが判明しております。

ちなみに日輪刀の色は呼吸との相性を示すもので、色が違うと相性が悪いため、呼吸を使用するとすぐに刃こぼれをおこしてしまうようです。




音の呼吸一覧まとめ

音の呼吸について解説してまいりました。

音の呼吸から繰り出される大きな爆発をくらったり、高速回転をする刀に当たればひとたまりもないでしょう。

内容をまとめると

音の呼吸全型一覧

  • 壱ノ型 轟(いちのかた とどろき)
  • 弐ノ型 不明
  • 参ノ型 不明
  • 肆ノ型 響斬無間(しのかた きょうざんむけん)
  • 伍ノ型 鳴弦奏々(ごのかた めいげんそうそう)

以上となります。

本記事内画像著作権元:©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

関連記事