鬼滅の刃

入れ替わりの血戦とは?十二鬼月の階級や数字の意味についても【鬼滅の刃】

鬼滅の刃に登場する「十二鬼月

十二鬼月は鬼の中でも特に強いと言われており、その中でもそれぞれ階級が分かれております。

そして階級を上げるには「入れ替わりの血戦」を行うという方法があります。

今回は鬼滅の刃の入れ替わりの血戦、鬼の階級や鬼の目にある数字の意味について解説していきます。

鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法をご紹介します。 結論からお伝えすると、以下の電子書籍サイトを利用することで、鬼滅の刃の漫画を...

鬼滅の刃の入れ替わりの血戦について

入れ替わりの血戦とは、十二鬼月の下弦や上弦の鬼同士で戦い、勝者が昇格できる戦いのことです。

基本的には下の階級の鬼が上の階級の鬼に戦いを挑みます。

鬼社会はまさに弱肉強食の世界なのです。

鬼殺隊の階級は鬼の討伐の数などで決まりますが、十二鬼月の階級の場合、この入れ替わりの決戦に勝った鬼が上にあがることができます。

上弦の弐「童磨」は入れ替わりの血を勝ち抜き、上弦の陸から上弦の弐へと昇格しています。

また十二鬼月のメンバーの誰かが死んでしまい席が空いた場合は、無惨に認められた鬼が昇格することができます。

上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」が殺害されたことで「鳴女(なきめ)」が上弦の肆へと昇格しています。

ちなみに原作に登場する十二鬼月の上弦の鬼たちは、これまで100年間その座が入れ替わったことはなかったと言われております。

上弦の鬼は鬼殺隊の柱3人分の強さといわれていますので、そう簡単に入れ替わることはなのでしょう。

鬼滅の刃痣の発現者一覧!かんろじみつり・いぐろおばない|痣の形・条件・例外についても鬼滅の刃(きめつのやいば)の鬼狩りを行う組織「鬼殺隊」 鬼殺隊の柱やその他のキャラクターなど、これまでに痣(あざ)が出現した者は一...

鬼滅の刃の十二鬼月の階級や数字の意味は?

鬼の中でも特に強い12体の鬼「十二鬼月」

十二鬼月には階級があり、階級は強さを表しております。

ここからは鬼の階級について解説します。

十二鬼月の階級

鬼の階級は下弦の鬼と上弦の鬼の2つに分かれております。

さらにその中で下弦の鬼と上弦の鬼にはそれぞれ1~6まで6つずつ席があります。

下弦の鬼の階級
  • 下弦の壱(いち)
  • 下弦の弐(に)
  • 下弦の参(さん)
  • 下弦の肆(し)
  • 下弦の伍(ご)
  • 下弦の陸(ろく)
上弦の鬼の階級
  • 上弦の壱(いち)
  • 上弦の弐(に)
  • 上弦の参(さん)
  • 上弦の肆(し)
  • 上弦の伍(ご)
  • 上弦の陸(ろく)

階級を上げるためには強くならなければいけません。

鬼が強くなるには、人間をたくさん食べる必要があります。

また鬼舞辻無惨の血液をより多く体内に取り入れることでも強くなることができます。

しかし鬼舞辻無惨の血液を大量に取り入れることで、血に耐えきれずに死亡する者もいます。

そして鬼舞辻無惨の血を多くもらうには、無惨に認められた者か、気に入られた者しか血をもらうことができません。

鬼の数字の意味やレベル

下弦や上弦の鬼の目には数字が書かれています。

あれは単純に鬼のレベル(強さ)を表しています。

まず上玄>下弦という風に強さがわかれており、さらにその中で数字が小さいほど強さを表していることになるので、上弦の壱が最も強い鬼になります。

下弦の壱の場合ですと、下弦の鬼の中で1番強いということですね。

ちなみに原作では

  • 上弦の壱「黒死牟(こくしぼう)」
  • 下弦の壱「魘夢(えんむ)」

となっております。

魘夢は【映画】鬼滅の刃「無限列車編」で登場する鬼です。

鬼滅の刃鬼の名前一覧!全種類「下弦・上弦・鬼のボス」などまとめ鬼滅の刃に登場する「鬼」 これまでに登場した鬼全員の名前や特徴が気になりますね。 鬼は炭治郎がはじめて出会した鬼から下弦の鬼...

まとめ

鬼滅の刃の十二鬼月の階級について解説してまいりました。

入れ替わりの血戦とは、十二鬼月の昇格試験で、命がけの戦いに勝つことで階級をアップさせることができます。

また十二鬼月の誰かが死んだ場合にも、無惨の選別によって昇格することが可能です。

十二鬼月は下弦から上弦まで階級が存在しており、それぞれ壱から陸(1〜6)までの数字があります。

上弦の鬼は下弦の鬼よりも強く、さらにその中でも数字が低いほど強い鬼とされているため、現段階では上弦の壱の黒死牟が最も強いです。

それでは今回はここまでとなります。

関連記事