鬼滅の刃

鬼滅の刃元柱一覧!花柱や鳴柱など歴代メンバーの名前や引退理由についても

鬼滅の刃に登場する鬼殺隊の最強部隊「

過去のシーンで登場した歴代の柱たちの名前は何なのかと、元柱たちはどのような人物なのかが気になりますよね。

そこで今回は、歴代柱メンバーの名前や人物像、引退理由について解説していきます!

鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法をご紹介します。 結論からお伝えすると、以下の電子書籍サイトを利用することで、鬼滅の刃の漫画を...

鬼滅の刃元柱一覧!花柱や鳴柱など歴代メンバーの名前や引退理由についても

それではさっそく元柱メンバーについて見ていきましょう。

元花柱・胡蝶 カナエ(こちょう かなえ)

歴代柱メンバーの一人目は元花柱の胡蝶カナエです!

胡蝶カナエは花の呼吸の使い手で、168話の不死川実弥の回想シーンで花柱ということが判明しました。


©吾峠呼世晴/集英社

カナエは蟲柱・胡蝶しのぶの実の姉でもあります。

幼少期の頃に両親が鬼に殺されてしまい、カナエの命の危機が迫っていたところを岩柱・悲鳴嶼行冥に助けられました。

その後カナエは、「他の人に自分たちと同じ思いをさせない」という気持ちから、妹のしのぶと共に鬼殺隊へ入隊することを決意します。

ただ、カナエはとある思想をもっておりました。

その思想とは、「鬼と人間は仲良くなれる」というもの。

しかし、カナエは上弦の弐「童磨(どうま)」によって殺害されてしまいます。
死亡時の年齢はまだ17歳と若かったですが、もし生きていたとすれば21歳になっていました。

妹のしのぶはカナエを殺した童磨や両親を殺した鬼に強い憎しみを抱いておりますが、カナエのいう「鬼と人間は仲良くなれる」という意思を引き継ぐために、作り笑顔でやり過ごしているのです。

花の呼吸全型一覧!終ノ型・彼岸朱眼などカナヲが使う技を全部まとめ今回はカナヲが使用する「花の呼吸」について解説していきます。 花の呼吸は綺麗な花のエフェクトや、技の名前が全部花言葉になっているこ...

元鳴柱・桑島 慈悟郎(くわじま ごろう)

歴代柱メンバーの二人目は元鳴柱(なりばしら)の桑島慈悟郎です!

桑島慈悟郎は我妻善逸(ぜんいつ)と獪岳(かいがく)の師匠で、鬼殺隊剣士の育手の一人でもあります。そして、雷の呼吸の使い手でした。


©吾峠呼世晴/集英社

桑島慈悟郎は、善逸や獪岳以外にも雷の呼吸を教えていた弟子は数名いたようですが、鬼殺隊に入隊したのは善逸と獪岳のみといわれています。

善逸に指導する際には超がつくほどのスパルタ教育で、修行が嫌で何度も逃げ出していた善逸を追いかけ回し、頭を何度もグーで殴るなどの行為も行っていました。

しかしそれは単なる暴力ではなく、師匠としての愛情だったようで、桑島慈悟郎は弟子の善逸が鬼殺隊の剣士としての才能があると見込んでいたのです。

さらに雷の呼吸 壱ノ型しか使えない善逸に対してダメ出しをするわけではなく、逆に壱ノ型を極限まで鍛えよと促したりもしていました。

また、桑島慈悟郎が鳴柱を引退した理由としては、35歳の時に鬼との戦闘時に片足を失ってしまったためとされています。

そのため作中では義足で登場しております。

雷の呼吸全型一覧!霹靂一閃・神速や漆の型(しちのかた)など全部の技をまとめ鬼滅の刃の呼吸には様々な種類があります。 中でも「雷の呼吸」の攻撃速度は最速を誇ると言っても過言ではありません。 そんな雷の...




元炎柱・煉獄 槇寿郎(れんごく しんじゅろう)

歴代柱メンバーの3人目は元炎柱の煉獄槇寿郎です!

煉獄槇寿郎は炎の呼吸の使い手で、煉獄家の父です。


©吾峠呼世晴/集英社

炎柱を引退した理由としては、最愛の妻を病で亡くしてしまったことや日の呼吸について書かれていた炎柱ノ書を読んだことで、自身の才能の限界を感じたことなどが原因のようです。

柱を引退してからは毎日のように酒に溺れ、息子の杏寿郎や千寿郎らにきつくあたったりもしていました。

息子の杏寿郎が死亡したと聞いた際に、杏寿郎が最後まで父のことを悪くいうことはなく体の気遣いをしていたということを聞き、その後人目につかないところで息子の死に涙をしていた場面もありました。

それ以降はこれまで息子にきつくあたっていたことを悔やみ、更生する意思を持ち始め、無限城で産屋敷家の護衛を担当しております。

炎の呼吸全型一覧! 昇り炎天・炎虎・奥義煉獄など全部の技をまとめ鬼滅の刃の呼吸法の一つとして「炎の呼吸」がございます。 炎柱・煉獄が放つ炎の呼吸の威力は凄まじく、技エフェクトもどれもかっこいいで...

元水柱・鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ)

歴代柱メンバーの4人目は元水柱の鱗滝左近次です!

鱗滝左近次は水の呼吸の使い手で、現水柱の冨岡義勇と炭治郎の師でもあり、二人に水の呼吸を伝授したことでも有名です。


©吾峠呼世晴/集英社

常にひょっとこのお面をつけており、面をつけている理由としては「顔たちが優しいせいで何度も鬼に馬鹿にされたから」とのこと。

年齢は不詳で、素顔も未だ公開はされておりません。

鳴柱の桑島慈悟郎と同様にスパルタであり、初めて炭治郎と合った際にも厳しい指導を行なっていました。

鬼の禰豆子が人を食ったらどうするかという問いに対し、炭治郎が即答できなかったところをひっぱたく場面などもありました。

現在は水柱を引退し、無限城で禰豆子の護衛を担当しています。

水の呼吸全型一覧!壱ノ型水車〜拾壱ノ型凪までの技を全種類まとめ冨岡義勇や炭治郎が使用する「全集中・水の呼吸」 水の呼吸は全部で11種類の型があり、中でも拾壱ノ型・凪に関しては水柱・冨岡義勇オリ...




鬼滅の刃元柱まとめ

歴代の柱メンバーについてご紹介してまいりました。

元柱メンバーの名前をまとめますと

  • 元花柱・胡蝶 カナエ(こちょう かなえ)
  • 元鳴柱・桑島 慈悟郎(くわじま ごろう)
  • 元炎柱・煉獄 槇寿郎(れんごく しんじゅろう)
  • 元水柱・鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ)

以上の4名となります。

関連記事