鬼滅の刃

霞の呼吸全型一覧!壱の型〜七の型朧まで時透無一郎の使う技全種類まとめ

鬼滅の刃に登場する鬼殺隊と呼ばれる鬼狩の剣士が使用する技「呼吸法」

呼吸には様々な種類があり、中でも霞の呼吸は霞柱が使う技として名の知れた呼吸です。

霞の呼吸は壱ノ型から漆ノ型までありますが、技のモーションや技の名前などが気になりますね。

今回は霞の呼吸全型を一覧にしてまとめてみました。

 

霞の呼吸全型一覧!壱の型〜七の型朧まで時透無一郎の使う技全種類まとめ

霞の呼吸の特徴は、山のふもとなどに白くぼうっと掛かる霧のような見た目をしており、一見ゆったりとした印象ですが、繰り出す技のスピードはかなり早いです。

それでは早速、霞柱 時透無一郎が使う「霞の呼吸」の全型を見ていきましょう!

壱ノ型 垂天遠霞(いちのかた すいてんとおがすみ)

壱ノ型 垂天遠霞(いちのかた すいてんとおがすみ) 

十二鬼月の上弦の伍「玉壺(ぎょっこ)」との戦闘中に使用しました。

前方へと大きな突きを繰り出す技

玉壺が水獄鉢という血鬼術を使い、時透無一郎が壺の中に閉じ込められ、脱出をしようとした際に使用しました。

壱ノ型 垂天遠霞は、霞の呼吸「壱ノ型から漆ノ型」の中でただ一つの「突き技」でもあります。

弐ノ型 八重霞(にのかた やえかすみ)

弐ノ型 八重霞(にのかた やえかすみ)

十二鬼月の上弦の伍「玉壺」と上弦の壱「黒死牟(こくしぼう)」との戦闘中に出した技です。

自身の体をひねり、あたり一帯に瞬く間に8つの斬撃を繰り出します。

時透無一郎は玉壺の壺に閉じ込められた際に、八重霞を使用してなんとか壺から脱出することができました。

しかし、黒死牟との戦闘ではうまく当てることができずに回避されました。

参ノ型 霞散の飛沫(さんのかた かさんのしぶき)

参ノ型 霞散の飛沫(さんのかた かさんのしぶき)

十二鬼月上弦の伍「玉壺」との戦闘中に使用した技です。

立ち止まったまま刀を大きく回転させるように振りかざし、前方一帯を吹き飛ばすことができます。

肆ノ型 移流斬り(しのかた いりゅうぎり)

肆ノ型 移流斬り(しのかた いりゅうぎり)

上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」との戦闘中に使用した技です。

前方へと瞬時に滑り込み、敵の足元をすくうように下から上へと刀を振り上げて斬りつけます。

半天狗が気配を消して無一郎の元へとやってきた瞬間に使用しましたが、惜しくもダメージを与えることができなかった。

しかし、顔に切り傷を少し与えていたため、半天狗は動揺していました。

伍ノ型 霞雲の海(ごのかた かうんのうみ)

伍ノ型 霞雲の海(ごのかた かうんのうみ)

十二鬼月の上弦の伍「玉壺」と上弦の壱「黒死牟」との戦闘中に使用しました。

大きな霞を発生させると共に前方へと瞬時に移動し、斜め上から下へと斬りつけ、細かい斬撃を放つ技です。

玉壺の頸に切り傷を負わせたほどのスピードを誇ります。

上弦の壱、黒死牟には当てることはできませんでした。

陸ノ型 月の霞消(ろくのかた つきのかしょう)

陸ノ型 月の霞消(ろくのかた つきのかしょう)

十二鬼月の上弦の鬼「玉壺」との戦闘中に使用しました。

上空へと大きくジャンプをし、宙を舞うと同時にあたり一帯を斬り刻む広範囲の技です。

玉壺の毒を持つ1万匹の魚全てを、「一瞬にして真っ二つ」にしました。

あまりにも広範囲なのと攻撃速度が早すぎる為、玉壺は困惑していました。

漆ノ型 朧(しちのかた おぼろ)

漆ノ型 朧(しちのかた おぼろ)

十二鬼月の上弦の鬼「玉壺」と上弦の壱「黒死牟」との戦闘中に使用しました。

自身の姿を瞬時に消して、敵を混乱させた上で頸を斬るためのコンボ技

朧は、姿を消すときはスピーディーに。姿を見せるときはスローに見えます。

玉壺は無一郎の繰り出したによって一瞬の隙を見せ、頸を斬られてしまいましたが、少しの間頸を斬られたことに気がついていませんでした。

黒死牟が漆ノ型 朧を見たのは初めてと言っていたことから、時透無一郎が編み出したオリジナルの技である可能性が高いです。




霞の呼吸の使い手・派生・日輪刀の色について

霞の呼吸の使い手、派生、日輪刀の色についても解説していきます。

霞の呼吸の使い手時は?

霞の呼吸使い手は、霞柱の時透 無一郎(ときとう むいちろう)です。

無一郎は8月8日生まれの14歳で、柱の中でも最年少です。

主人公の炭治郎よりも若く、刀を握ってからたったの2ヶ月で柱となった超優秀な鬼殺隊です。

身長は160cmで体重は56kg。小柄な体型ですが、無一郎の繰り出す霞の呼吸は圧倒的スピードと広範囲にわたる威力を出すことができます。

>>時透無一郎の過去が壮絶!無一郎の無は無限の無と教えてくれた兄が感動的!

時透無一郎の過去が壮絶!無一郎の無は無限の無と教えてくれた兄が感動的!鬼滅の刃に登場する霞柱「時透無一郎(ときとうむいちろう)」 時透無一郎は上弦の伍「玉壺」との戦闘中に失われていた過去の記憶が蘇り、...

霞の呼吸の派生は?

霞の呼吸は風の呼吸の派生と言われております。

また、霞の呼吸からの派生は今のところありません。

風の呼吸は風柱の不死川 実弥(しなずがわ さねみ)が使用する呼吸でもあります。

霞の呼吸の対応する日輪刀の色は?

霞の呼吸が対応する日輪刀の色は「白色」です。

霞の呼吸を使用する際には、霞がかかった霧のようなモーションがでてくるのが特徴的です。

まとめ

霞の呼吸の全型を解説してまいりました。

まとめると

霞の呼吸全型一覧
  • 壱ノ型 垂天遠霞(いちのかた すいてんとおがすみ)
  • 弐ノ型 八重霞(にのかた やえかすみ)
  • 参ノ型 霞散の飛沫(さんのかた かさんのしぶき)
  • 肆ノ型 移流斬り(しのかた いりゅうぎり)
  • 伍ノ型 霞雲の海(ごのかた かうんのうみ)
  • 陸ノ型 月の霞消(ろくのかた つきのかしょう)
  • 漆ノ型 朧(しちのかた おぼろ)

このようになります!

中でも漆ノ型 朧(しちのかた おぼろ)に関しては、あの黒死牟も初めて見る技だと関心を寄せていたほどなので、時透明 無一郎ならではのオリジナル技の可能性が高いです。

それでは今回はここまでとなります。

本記事内画像引用元:集英社/吾峠呼世晴/鬼滅の刃