鬼滅の刃

鬼滅の刃半天狗の喜怒哀楽の名前は?分身の血鬼術の能力についても

鬼滅の刃に登場する上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)

半天狗は喜怒哀楽の4体に分身することができ、それぞれの分身には異なる個人の意思や血鬼術が備わっております。

見た目も特徴的な部分があり、扱う武器などもまた違ってきます。

そんな喜怒哀楽のそれぞれの名前が何なのかについて気になりますね。

今回は半天狗の分身「喜怒哀楽」の名前や血鬼術、喜怒哀楽の集合体の名前や能力についても合わせて解説していきます。

鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法をご紹介します。 結論からお伝えすると、以下の電子書籍サイトを利用することで、鬼滅の刃の漫画を...

鬼滅の刃半天狗の喜怒哀楽の名前は?

それではさっそく、半天狗の分身の名前についてみていきましょう。

半天狗の分身 喜怒哀楽の名前一覧

喜怒哀楽の名前は以下の通りです。

半天狗の分身・喜怒哀楽の名前一覧
  • 空喜(うろぎ)喜の鬼
  • 積怒(せきど)怒の鬼
  • 哀絶(あいぜつ)哀の鬼
  • 可楽(からく)楽の鬼

半天狗は上記の4体に分裂することができます。

半天狗を斬ることで喜怒哀楽の4体へと分裂していきます。

本体は常に恨の鬼という「本体を守るための喜怒哀楽とは別の分身」の中に隠れています。

喜怒哀楽のそれぞれの特徴や血鬼術については、後ほど解説していきます。

半天狗の分身 喜怒哀楽の集合体と本体護衛役の名前一覧

喜怒哀楽の4体が合体したのが憎珀天となります。

喜怒哀楽の集合体と本体護衛役
  • 憎珀天(ぞうはくてん)
  • 恨の鬼(こんのおに)

恨の鬼に関しては本体を護衛するための分身となります。

憎珀天や恨の鬼の特徴なども後ほど解説していきます!




鬼滅の刃半天狗の分身の血鬼術や特徴など

それでは半天狗の分身、「空喜・積怒・哀絶・可楽」の4体と「憎珀天と恨の鬼」の血鬼術や特徴についてみていきましょう。

半天狗の分身:空喜(うろぎ)喜の鬼

空喜は半天狗の分身の1人で、見た目は羽が生えており、手足が鳥の爪先になっている鳥の姿をした鬼です

羽を使って空中を自由に飛び回ることが可能です。

喜びの鬼というだけあって、舌に「喜」のマークがあり、常になにかと喜んでおります。

作中では炭治郎と戦闘を交えており、血鬼術は口から強力な超音波による衝撃波を放つ能力です。

その超音波の威力は、直に喰らってしまうと対象者の意識が飛んでしまうほどです。

また戦闘での立ち回りは、空を飛び回りながら爪で攻撃するか、超音波で攻撃をするかのどちらかです。

ちなみに空喜の爪は金剛石を砕くほどだそうです。

空喜は攻撃を受けるともう1体へと分裂することも可能ですが、炭治郎の見解では2体以上に分裂してしまうと弱体化してしまうとのことです。

半天狗の分身:積怒(せきど)怒の鬼

積怒は半天狗の分身の1人で、4体の分身のリーダー的存在です。

喜哀楽の分身に指示を出す役割でもあります。

舌には「怒」のマークがあり、他の分身や的に対して常に怒っています。

血鬼術は杖を使い、周囲一帯に強力な雷撃を放つ能力です。

炭治郎は積怒の雷撃をくらい、感電で身動きを取ることができず、全く抵抗できませんでした。

積怒はおそらく分身4体のうち1番強いと思われます。

また喜哀楽の3体を強制的に自身の体に吸収する能力ももっています。




半天狗の分身:哀絶(あいぜつ)哀の鬼

哀絶は半天狗の分身の1人で、どこか悲しそうな表情をしているところが特徴的です。また、黒い衣装を身にまとっており、分身の中では比較的若く見えます。

舌には「哀」のマークがあり、口癖は「哀しい」です。

哀絶は不死川玄也と戦闘を交えております。

血鬼術は激涙刺突で、前方広範囲に槍から5つの斬撃を繰り出すことができます。技の威力は木を粉々に粉砕するほどです。

武器は十文字の槍を使い、主に近接戦を得意としております。

半天狗の分身:可楽(からく)楽の鬼

可楽は半天狗の分身の1人で、戦闘の愉悦を優先する性格で、よく積怒に怒られています。

舌には「楽」のマークがあります。

可楽は突風を放つ団扇をもっており、団扇は一振りしただけで霞柱の時透 無一郎を遥か遠くへ吹き飛ばしたり、建物ごと吹き飛ばすほどの威力があります

可楽は無一郎の他にも禰豆子とも対戦を交えており、戦いを何かと楽しんでいたため油断してしまったのか禰豆子に一瞬の隙を突かれ蹴られてしまい、頭が吹っ飛んでしまう場面もありました。

しかし半天狗の分身は、頸が吹き飛んでも死なないため、すぐに再生していました。




喜怒哀楽の分裂集合体:憎珀天(ぞうはくてん)憎の鬼

憎珀天は積怒が空喜・哀絶・可楽を自身の体内に吸収し生まれた喜怒哀楽の集合体です

積怒は空喜・哀絶・可楽の意思とは関係なく、3体の分身を強制的に自身の中に取り込むことができるようです。

吸収を嫌がっている分身もいましたが、積怒は問答無用で吸収をしていました。

憎珀天の見た目は小さな少年の鬼のような姿をしており、吸収した分身の血鬼術を全て使うことができる上に、樹木を操る能力「無間業樹(むけんごうじゅ)」も使えるようになります。

無間業樹では主に、巨大な木の龍である「石竜子(トカゲ)」を繰り出して攻撃してきます。

また背中にある太鼓を叩くと、吸収したそれぞれの分身の血鬼術も使えるようです。

小さい本体の半天狗を守りながらも敵のことを極悪人と呼んだりする場面もあり、このことについて炭治郎からは、「なぜ極悪人なのか」と反論を受けていた場面もありました。

憎珀天の強さは強力で、炭治郎や禰豆子、玄也でも敵わないほどです。

さらに痣が発現した恋柱の甘露寺を窮地へと追い込むほどの強さも持っております。

作中では炭治郎が本体を倒したため、憎珀天も消滅していきました。

半天狗の本体護衛役:恨の鬼(こんのおに)

恨の鬼は半天狗の小さな本体を守るための分身で、特に血鬼術などは使いません。

舌に「恨」のマークがあります。

見た目は半天狗と同じですが、身長が2m以上あり筋肉質なので、防御力に特化した仕様だと考えられます。

また分身は、日光を浴びても死なないため、中にいる本体は日中でも外を歩けるようです。

作中では炭治郎に追いかけられていた際に、エネルギーを補給するために近くの人間を捕食しに行こうとしましたが、炭治郎の「ヒノカミ神楽 円舞一閃」により本体を斬られ消滅しました。

鬼滅の刃半天狗の本体の能力は?喜怒哀楽に分裂する血鬼術が強すぎる!鬼滅の刃に登場する上弦の肆「半天狗(はんてんぐ)」 半天狗は喜怒哀楽という4体の鬼へと分裂する血鬼術を使いますが、その喜怒哀楽自体...




鬼滅の刃半天狗の分身・喜怒哀楽まとめ

上弦の肆「半天狗(はんてんぐ」の分身の名前や特徴について解説して参りました。

それぞれの分身の名前をまとめると

  • 空喜(うろぎ)喜の鬼
  • 積怒(せきど)怒の鬼
  • 哀絶(あいぜつ)哀の鬼
  • 可楽(からく)楽の鬼
  • 憎珀天(ぞうはくてん)
  • 恨の鬼(こんのおに)

以上となります。

本記事内画像著作権元:©吾峠呼世晴/集英社

関連記事