鬼滅の刃

時透無一郎の過去が壮絶!無一郎の無は無限の無と教えてくれた兄が感動的!

鬼滅の刃に登場する霞柱「時透無一郎(ときとうむいちろう)

時透無一郎は上弦の伍「玉壺」との戦闘中に失われていた過去の記憶が蘇り、同時に無一郎の名前の意味について思い出すことができました。

そして、時透無一郎の過去のシーンでは無一郎に兄がいたことも明らかとなりました。

今回は霞柱・時透無一郎の過去と「無一郎の無は無限の無」と教えてくれた兄「有一郎」について解説していきます。

霞柱・時透無一郎とは


©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

  • 階級:柱
  • 誕生日:8月8日
  • 年齢:14歳
  • 身長:160cm
  • 体重:56kg

時透無一郎は14歳にして鬼殺隊霞柱となっておりますが、音柱・宇髄天元によると、「刀を握って2ヶ月で柱になった」といいます。

時透無一郎は最年少および2ヶ月で柱という異常のスピード昇格をしているため、「天才剣士」とも呼ばれています。

無一郎の隊服が大きいのは、手足の太さや丈などを鬼に見られて「力量を悟られないため」とのことです。

お館様には敬意を払う姿勢が目立っており、物事には優先順位をつけて行動する思考があります。

普段はおっとりしている性格で、「あの雲なんて言うんだっけ」などと楽観主義な一面もあります。

無一郎は記憶喪失を起こしており、物忘れも激しいのですが、それは壮絶な過去が関係していました。

剣術の特訓をするために刀鍛冶の里を訪れた際に上弦の鬼と出会し、窮地に追い詰められた際に、忘れていた過去の記憶を取り戻しました。

時透無一郎の過去が壮絶!無一郎の無は無限の無と教えてくれた兄が感動的!

それではここから時透無一郎の壮絶な過去について解説していきます。

時透無一郎の過去①子供の頃に母と父が死亡

無一郎がまだ10歳の時、父と母と兄に4人で暮らしていました。

平和に暮らしていたと思われる一家に突然悲劇が起こり始めます。

母が風邪をこじらせてしまい、重度の肺炎にかかってしまいました。
父はそんな母を助けるために嵐の中山にいき、風邪を治すための薬草を取りにいきました。

しかし、父は崖から落ちてしまい死亡しました。母も肺炎が悪化してしまい間もなく息を引き取ってしまいました。

無一郎は幼くして父と母を失っていたのです。

時透無一郎の過去②双子の兄「有一郎」と暮らすことに

残された無一郎と双子の兄「有一郎」は、両親が死んでしまったことで、他に頼るあてもなく、山の中にある小屋で協力しながら暮らしていました。

ある日、有一郎は「情けは人のためにならず 誰かのために何かをしてもろくなことにならない」といいました。

兄は少しひねくれた性格で、言葉のきつい言い方をする人でした。

それに対して無一郎は否定を述べ、「人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ」とかつて父が言っていたと言いました。

ただ、有一郎は死んだ父の言うことはあてにならないと言い張り、無一郎は返す言葉もありませんでした。

さらに有一郎は「無一郎の無は無能の無」といい、続けて「無一郎の無は無意味の無」ともいい、「過去は変わらない」といいました。

これには無一郎も目に涙を浮かべました。

このシーンは無一郎がすごい言われようだったので、非常に可哀想だと思う場面でした。

時透無一郎の過去③あまね様を追い返す有一郎

あまね様が無一郎と有一郎の元へやってきました。

しかし、有一郎は暴言を吐いてあまね様を追い返してしまいました。

あまね様が来た理由は、時透家が「始まりの呼吸の剣士と同じ血を持つ者」だといい、鬼殺隊へ勧誘をしに来たためでした。

無一郎は始まりの剣士と同じ血を引いていることに興奮し、兄に剣士になろうと持ちかけるものの、有一郎は「米もたけないやつが剣士になんてなれるか」などといい無一郎を罵倒しました。

有一郎はの毒舌で直球なもの言いにさすがに痺れを切らしたのか、それからはというものの、無一郎は有一郎と口を聞かなくなってしまいました。

無一郎まさかの始まりの呼吸の剣士と言うことに驚きでした。あと、追い返されたあまね様も可哀想ですよね…。

時透無一郎の過去④無一郎の無は無限の無なんだ

夏の日、セミも鳴いており気温もとても暑かったため扉を開けて寝ていたところ、突然鬼がやってきました。

家の中に入ってきた鬼は有一郎に襲いかかり、有一郎は重傷を負ってしまいました。

そして鬼が「いてもいなくても変わらない存在」などど言い張り、無一郎は何かが目覚めたかのように突然覚醒し始めました。

鬼は無一郎によってずたずたにされてしまい、朝日によってチリとなって消えていきました。

無一郎は家に帰ろうとするものの、体が重くて家に帰るまでに長時間かかってしまいました。

なんとか力を振り絞り、家に着くとそこには死の寸前の兄、有一郎の姿がありました。

そして、有一郎は「どうか弟だけは助けてください」「弟は俺と違う心の優しい子です」と声を絞り出しました。

「わかっていたんだ 本当は」

「無一郎の無は無限の無なんだ」

時透無一郎の過去についての感想

無一郎の過去は10歳の頃が1番壮絶だったんだと思いますが、よく考えると14歳の時点ですでに柱になっているので、そう遠い過去ではないのですよね。

両親を亡くした上に兄を失ってもなお自暴自棄にならず、鬼殺隊の柱にまで上り詰めるとは、やはり「無一郎の無は無限の無」ですね。

無一郎の名前の意味がわかったシーンが1番感動しました。

ちなみにその後無一郎は上弦の伍を一人で倒したので、やっぱり天才剣士ですね。

時透無一郎の過去は何巻の何話で見れる?

霞柱・時透無一郎の過去は単行本でいうと14巻の114話「無一郎の無」で見ることができます。

14巻は時透無一郎の過去の他にも、無一郎VS上弦の伍「玉壺」との戦いも見ることができます。

霞の呼吸で玉壺を追い詰める14歳の天才剣士の激戦シーンはぜひ一度は見て頂きたいところです。

もし単行本をお持ちで無いと言う方は、下記の記事で鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で読む方法について解説しておりますので、よければご参考くださいませ。

それでは今回はここまでとなります。

>>鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも

鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法!アニメの続きは原作漫画の何巻の何話からかも鬼滅の刃の漫画を5冊分無料で見る方法をご紹介します。 先に結論から言うと、以下の電子書籍サイトを利用することで鬼滅の刃の漫画を5冊...