鬼滅の刃

鬼滅の刃の鬼殺隊が政府非公認なのはなぜ?財源や給料はどこから出ているの?

鬼殺隊柱一覧

鬼滅の刃では鬼殺隊と呼ばれる鬼を倒す組織が存在しております。

鬼殺隊がいなければ人類は鬼によって支配されているでしょうし、平和な暮らしをすることができません。

人類にとって必要不可欠であろう鬼殺隊ですが、実は政府非公認という設定になっているんですよね。

なぜ政府非公認なのでしょうか?

また、政府不公認であれば、鬼殺隊員への給料などはどこから支給されているのか?

この辺りを調査してまいりました!

それでは早速見ていきましょう。

鬼滅の刃の鬼殺隊が政府非公認なのはなぜ?

鬼殺隊がいないと鬼に襲われ、人類は支配されることに間違いありません。そのような重要な組織を政府が非公認というのはなんらかの理由があるのだと思われます。

鬼殺隊が政府非公認な理由に関しては現時点では原作でも明らかになっておりません。

ですが、ある程度物語が進むにつれて、鬼殺隊が政府非公認な理由がいくつか考えられる点がでてきました。

>>鬼滅の刃のあまね様がお館様と結婚した理由についてネタバレ解説!

人間や警察は鬼や鬼殺隊の存在を知らない

まず、世間一般の人間達の認識についてですが、鬼や鬼殺隊の存在自体、噂や都市伝説レベルでしか認識されていないというのがポイントだと思います。

一般市民が鬼や鬼殺隊の存在を知らないのであれば、政府も鬼や鬼殺隊の存在を知らない可能性はありますので、政府が非公認というのも納得ができます。

第1話ではおじいさんが炭治郎に鬼が出るから家に泊まっていきなさいと言った時、炭治郎は大丈夫!と言っていましたが、このころは炭治郎も鬼の存在を知りませんでした。

炭治郎が鬼殺隊になり、少女がさらわれたという任務をしている時に、少女の彼氏も初めは鬼の存在や鬼殺隊の存在を知りませんでした。

炭治郎が人間離れのジャンプしているところを目の当たりにして、ようやく鬼殺隊の存在を知ったのです。

炭治郎が無惨に初めて街中で会った時も、無惨の攻撃によって鬼化してしまった人を見て、周囲の人間らはその人のことを鬼と認識しておらず、駆けつけた警察も鬼と認識していませんでした。

これらの情報から考えられることは、一般市民のほとんどがおそらく鬼や鬼殺隊の存在を知らないのだと考えられます。

一般市民が鬼の存在を知らない理由は?

では、一般市民は鬼による被害が多発しているにもかかわらず、なぜ鬼の存在を知らないのかというのと、なぜ鬼殺隊が一般市民に存在を明らかにしていないのかについて考察していきます。

鬼は日の光が弱点なので基本的に人気の少ない夜を狙います。そして狙った人間はほぼ確実に殺されています。

鬼を見た人間は必ずと言っていいほど鬼にその場で殺されているので、だれも鬼の存在を知らないということになります。

しかし、鬼殺隊によって救われた人間も居ますので、その人達は鬼の存在を知ったことになるでしょう。
ただ、そういった人たちが別の人々に鬼とか鬼殺隊とかの話をしたところで、誰も信じないのだとおもいます。

政府非公認の方が鬼殺隊にとって都合が良いから?

鬼殺隊が存在を明るみにしない理由として考えられるのが、まず鬼殺隊の当主である産屋敷耀哉が身を隠しているところです。

それは鬼から身を守るためなのですが、一般市民にまで鬼殺隊の情報が漏れてしまうと、鬼に居場所を突き止められやすくなるからというのもあるのではないでしょうか。

こういった理由により、鬼殺隊の存在をむしろあまり公表したくないという理由があるのかもしれません。

そもそも政府は鬼の存在も鬼殺隊の存在も知らない可能性が高いと思われます。

仮に、政府に公認されれば世間にも明るみになってしまうでしょうし、政府からの要望などにも答えないといけなかったりと仕事や手間が増えてしまうので、非公認のほうが鬼殺隊にとっては都合が良いのかもしれません。

>>鬼滅の刃の雷の呼吸全型一覧!技の種類や名前・使い手は誰なのかも解説!

鬼滅の刃の鬼殺隊の財源や給料はどこから出ているの?




政府非公認となると、鬼殺隊の資金はどうやって調達しているのか気になりますね。

産屋敷一族から支給されている

こちらに関して調べたところ、鬼滅の刃の鬼殺隊への給料の支給は、産屋敷家から支給されているといわれています。

鬼殺隊の給料は初任給で現代価格で20万円!

鬼殺隊の給料といえばファンブックの情報によると現代価格で初任給が20万円くらいとのことです。

現代価格で初任給で20万円ですから、階級が上がるにつれて給料も上がってくるのでしょう。

しかし、いくら初任給とはいえ、鬼殺隊は命がけの仕事なので20万円は低いような笑

では柱はいくらもらってるんでしょうか?

柱の給料は無制限?

そして、柱の給料はいくらなのかきになりますよね?

実は柱はいえばいくらでももらえるようです笑そ

例えばお屋敷をちょーだいといえばお屋敷ももらえたりも??

柱は屋敷がもらえるという福利厚生があるようで、胡蝶しのぶの屋敷をみるかぎりでも、かなりの豪邸です。

柱となれば、鬼殺隊のトップですから月収1億くらいもらってもいいとおもいます。

なによりも柱の責任ってかなり重たいですし、死亡率めちゃ高いので。

では産屋敷一族はそれらの資金をどうやって調達しているのでしょうか?

財源は産屋敷一族の先読みの能力で手に入れた?

鬼殺隊のリーダーである産屋敷耀哉は産屋敷一族で、耀哉の一族は先読みする能力が優れており、勘が鋭いです。

実際に鬼舞辻無惨が耀哉の元へ来ることの予想も的中していましたから間違い無いでしょう。

先読みができるのであれば、巨万の富を築くことも簡単でしょう。
そして一番有力な情報が鬼舞辻無惨は平安時代の貴族だったというところ。

鬼舞辻無惨といえば産屋敷一族と同じ血統ですので、産屋敷一族もお金持ちだったとしても違和感はありません。

もう一つ付け加えるのであれば、耀哉は柱を集め、鬼殺隊を結成するほどのまとめる能力、カリスマ性があるので、お金を稼ぐことも難しくは無いのでしょう。

鬼殺隊に助けられた人々の支援

後考えられることとしては、鬼殺隊に助けられた方々からの支援です。

炭治郎や善逸、伊之助が負傷した際に宿に止めてくれたおばあさんがいました。

そのおばあさんは鬼殺隊に助けられたという恩があり、鬼殺隊の隊員なら無料で宿に止めてくれる支援をされていました。

こういった人たちのなかでお金持ちがいたとなると、資金の調達経路がそのお金持ちらからであることも考えられます。

また、政府非公認であるとされておりますが、政府の中でもこっそりと鬼殺隊とつながりがあって、支援をしているのかもしれません。

鬼殺隊によってある程度平和が保たれているわけですので、政府の人間が鬼殺隊を支援していたとしてもおかしくは無いですよね。

>>鬼滅の刃の産屋敷耀哉の正体は黒幕?鬼殺隊のボスになった理由も解説

まとめ

鬼滅の刃の鬼殺隊がなぜ政府非公認なのかについて考察してまいりました。

原作でもいずれ明らかになってくるでしょう。ひとまず考えられることをまとめておきます。

鬼殺隊が政府非公認なのはなぜか

  • 一般市民や警察らは鬼や鬼殺隊の存在をそもそも知らないから
  • 鬼殺隊にとって非公認の方が都合が良いから

鬼殺隊の給料の支給経路

  • 産屋敷一族から支給されており、産屋敷一族は昔から大金持ちだった
  • 鬼殺隊に助けられた人や鬼殺隊を応援したいという人たちからの支援

これらの可能性が考えられます。

それでは今回はここまでとなります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

この記事がいいなと思ったらぜひブックマークやSNSでシェアお願いします☆

関連記事