地縛少年花子くん

地縛少年花子くんが弟を殺した理由は?普と司の過去と関係と原因を考察!

月間Gファンタジーにて連載中の「地縛少年花子くん」

アニメ化もされて一時はTwitterのトレンドでも1位になる程の人気っぷり!

そんな花子くんは過去に、弟を殺していることが判明しました。

花子くんは一体なぜ弟を殺したのでしょうか?

今回は、花子くんが弟を殺した理由を普と司の過去や関係から見て考察していこうと思います!(ネタバレ含みます)

地縛少年花子くんが弟を殺した理由を普と司の過去と関係と原因から考察

花子くんは基本的には優しいですが、Sっけのある一面やセクハラをするなどのエロ少年でもあります。

花子くんは普段、八尋寧々や源光との絡みもユーモアがあって楽しいよく笑顔になるシーンもありますが、弟と出会う時はいつも表情が強張ってしまいます。

2人は過去にどんな関係だったのかを解説をしていきます。

柚木普(ゆぎあまね)と柚木司(ゆぎつかさ)は過去にどんな関係だった?

まず、花子くんの本名は普(あまね)で弟の本名は司(つかさ)です。2人は双子の兄弟ということも判明しています。(普が兄で司が弟)

1964年、普が小学生だった頃、弟と一緒にお祭りに行っていたシーンがありました。

あれは寧々の夢だとされていますが、おそらく現実にあったことではないかと思います。

そこで、普は司が1人で3時間も遊んでいるので晩ご飯をどうしようか迷っていたと話しているシーンがありました。

このことから司は小学生の頃から自由気ままな性格だったということが考えられます。

2人で夏祭りに行くほどの中ですから、普と司の関係は少なくとも小学生の頃まではよかったのではないかと考えられます。

>>地縛少年花子くんの最終回ネタバレ考察!結末ラストは寧々の寿命を伸ばしハッピーエンド?

普の性格や特徴

普は優しい性格で我慢強く、人間と怪異との関係を正常に保つことを目的とし、地縛霊として存在しています。

ただ、司に合うと言葉が詰まってしまい、いつも寧々や光に話すときのようにスムーズに話をすることができません。

司の性格や特徴

司の性格は、とにかくやんちゃというイメージが強いです。

そして、生き物を平気で殺害するなどのサイコパスな一面も持っていますが、その反面寧々などの女性には優しい一面もあります。

司は寧々を助けたり、窮地に陥れたりするので、実際敵なのか味方なのかわかりません。

司は普に会うと抱きついたりするので、側から見ると兄がただ大好きなやんちゃな弟という印象もあります。

花子くんが弟を殺した理由は?

普は、小さな頃から弟のいたずらなども兄として大目に見てあげたりと「生前ではかなり我慢をしていた」のではないでしょうか。

そんな普はある日「我慢するのをやめた」などといっていました。

弟は生物を平気で殺害するほどのサイコパスの持ち主なので、もしかすると兄の逆鱗に触れるようなことをしたのかもしれませんね。

ただ、優しい性格の普が弟を殺すほどですから、弟を殺してまで阻止しなければならない出来事があったと考える方がいいのかもしれません。

花子くんは地縛霊として存在していますが、司と会った時は言葉に詰まりながらも「話をしよう」などと持ちかけるシーンもあったので、おそらく弟を殺してしまったことを後悔しているのではないでしょうか。

>>地縛少年花子くんの正体や能力は?目的や死んだ理由についても解説

まとめ

花子くんが弟を殺した理由について考察してまいりました。

優しくて我慢強い性格の普が我慢するのをやめたと言うほどですから、壮絶な過去があったに違いありません。

ただ司は幽霊になっても、普に殺されたことを特に恨んでいる素振りもないので、「兄に殺されても当然のような行動をした」という自覚をしているのかもしれませんね。

それでは今回はここまでとなります!

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

>>地縛少年花子くん(アニメ)1話〜最新話フル動画を無料で見る方法

関連記事