地縛少年花子くん

地縛少年花子くんの最終回ネタバレ!結末ラストは寧々の寿命を伸ばしハッピーエンド?

花子くん

「地縛少年花子くん」は月刊Gファンタジーで連載中の人気作品です。

2020年1月9日よりアニメ化もされ、豪華声優も集結しております!

そんな地縛少年花子くんの最終回はどうなるのでしょうか?

こちらに関してネタバレ考察していきたいと思います( ^ω^ )

花子くん
地縛少年花子くん(アニメ)1話〜最新話フル動画を無料で見る方法2020年1月9日より放送開始となったアニメ「地縛少年花子くん(じばくしょうねんはなこくん)」 現在1話の放送が終わりましたね! ...

地縛少年花子くんのあらすじ

https://twitter.com/hanakokun_info/status/1215974202789916673

ヒロインの八尋寧々(やしろねね)は自身が通うかもめ学園で、とある噂話を耳にします。

その噂とは、かもめ学園の女子トイレに幽霊が現れ、大切なものと引き換えに願いを叶えてくれるというものでした。

寧々は先輩の源輝と両思いになりたいので、旧校舎の3階の女子トイレへ行き幽霊を呼び出します。

すると現れたのは、美少年の幽霊「花子くん」でした。

花子くんは寧々の願いを叶えるよ!と言うものの、代償があまりにも大きいという理由で、恋愛成就と書かれたただのマニュアル本しか渡しませんでした。

寧々は花子くんを疑っていたところ、花子くんがとある道具を落としたところを目撃します。

その道具は人魚の鱗で、お互いに同じ人魚の鱗を飲むと縁で結ばれるというもの。
寧々はその鱗を飲んだものの、「結局両想いなら本当に誰でも良いのか?」と自問自答し、源先輩には飲ませませんでした。

片方しか鱗を飲まないとなると、その者は魚になる呪いにかけられてしまうので、寧々は魚になってしまったのです。

そんな寧々を助けようと花子くんが鱗を飲みます。2人が同じ鱗を飲めば呪いは軽減され、ほぼ人間の姿に戻ることができるのです。

花子くんは寧々に助手になってもらうことを条件に鱗を飲み、寧々を人魚の呪いから救済しました。

ストーリーが進むにつれて「七不思議」と呼ばれる1〜7までの怪異が出現し、その中にも敵や味方など様々な怪異が存在していることも判明していきます。

花子くんは七不思議のリーダーなのですが、花子くんが言うには怪異の中に裏切り者がいるとのことで、七不思議を一旦解体させようとしているのです。

>>地縛少年花子くんの正体や能力は?目的や死んだ理由についても解説

地縛少年花子くんの最終回ネタバレ考察





七不思議がテーマとなっている地縛少年花子くん。

最終回がどうなるのか考察してみたのでネタバレしていこうかと思います!

寧々の寿命はあと1年

物語が進むにつれて寧々の寿命があと1年ということが判明します。

ですが、花子くんは初めから寧々の寿命が短いことに気づいていました。

花子くんは寧々に気を遣っていたので、直接本人に寿命のことは言わなかったのです。

その理由が「今を楽しく生きていて欲しいから」でした。(良い幽霊…)

しかし、ある出来事が原因で、寧々本人に寿命があと1年ということがバレてしまいます

4番目の七不思議「シジマメイ」の能力で絵空事の空間へ

花子くんは寧々に、ずっと楽しく生きていってもらう為に、七不思議の4番目「シジマメイ」の能力を利用しました。

4番目の能力とは、寿命が関係しない絵空事の仮想空間で、楽しく生きることができるというもの。

寧々は一時、花子くんと4番目によって絵空事の空間に閉じ込められるものの、寧々が偽りの世界での幸せを望まなかった為、結果的に現世に戻ってきました。

5番目の七不思議は未来を変えることができる

七不思議の中には

  • 過去を変えることができる怪異
  • 時間を止めることができる怪異
  • 時間を早送りすることができる怪異
  • 未来予知や未来を改変できる怪異

など様々な怪異がいます。

5番目の怪異の土籠は、「未来を予知する能力」と「未来を改変できる能力」があると証言していますが、土籠が未来の改変をすると消されてしまうという決まりがあるため、本人は未来の改変はしないと断言していました。

未来を改変したら消されるとは、代償があまりにもでかいので、その能力を使いたくないのも無理はないですよね…。

>>地縛少年花子くん七不思議メンバー一覧!怪異の依代や能力についても解説!

花子くんの能力で寧々の寿命が伸びる?

5番目の土籠は消されたくないといっているので、彼の手によって寧々の寿命が伸びることは今後もないかと思われます。

なのでこれまでも、基本的には未来が変わることはなかったと思われます。

しかし、土籠が一度だけ未来が変わった瞬間を見たと言い、その未来を変えた人物が七不思議7番目の花子くんだというのです。

ということは、最終回で花子くんが未来を変えて、寧々の寿命を伸ばすのではないかと思いました。

地縛少年花子くんの結末ラストは寧々の寿命が伸びてハッピーエンド?

最後に花子くんの能力で寧々の寿命を伸ばすと予想してきました。

あと、寧々の寿命を伸ばしたあとは、花子くんが成仏されていくのではないかとも思いました。

その点について解説していきます!

寧々の寿命と花子くんの能力

第1話で花子くんは「願い事を叶えることができる」と自称していました。

そして、ストーリーが進むにつれて寧々の寿命があと1年ということも判明しました。

寧々が絵空事の空間で花子くんに「後90年生きたい」とダメ元で願い事をしたシーンがあります。

花子くんは寧々には直接回答はいないものの「いいよ、叶えてあげよう」と独り言をいいました。

花子くんは願いを叶えることのできる怪異ですが、叶えるにはそれ相応の代償が必要となってきます。

また、「人の寿命に関係することや生前に願ったことに関しての願いはかなえてはならない決まりがある」こともわかっております。

つまり、花子くんは寧々の寿命を伸ばそうと思えば伸ばせるが、その場合決まりを破ってしまうことになるのでそれ相応の代償を伴うのではないかと考えられます。

寧々と花子くんは両思いで結ばれる?

花子くんと寧々は第1話で、互いに人魚の鱗を飲んでいました。

人魚の鱗を飲むと、飲んだもの同士が縁で結ばれるというものでした。

それもあってなのか、花子くんは寧々のことがおそらく好きだと思います。時々そのような素振りを見せるシーンなどもありました。

また、寧々も花子くんのことをタイプではないが気になると言っていたので、最後には両想いになるのではないかなと思います。

花子くんは成仏されてしまう?

神様がいうには、花子くん自身が人間と怪異の関係を保ち、平和な暮らしを維持させることで、花子くんの生前に犯した罪が消えるとのことです。

あと予想にはなりますが、人間と怪異の関係を保つだけではなくて、人の助けになるようなことも役目の一つではないかと思います。

なので花子くんが人間と怪異の関係を保ち、寧々の寿命も伸して役目を全うすることで罪が消えて、結果的に成仏されていくと考察しました。

これまでのことを踏まえて

  • 花子くんと寧々が両思いになり結ばれる
  • 花子くんが役目を全うする
  • 花子くんが成仏される

上記の通り、ハッピーエンドになると予想しました。

まとめ

最終回で花子くんが寧々の願いを叶え、寿命を90年伸ばすと考えました。

また、花子くんが役目を全うすることで生前の罪が消えますので、花子くん自身もそれで成仏されればいいですね!

それでは今回はここまでとなります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

この記事がいいなと思ったらぜひブックマークやSNSでシェアお願いします☆