事件

今田創史の顔画像・SNSは?男性高校生に全裸動画送らせたのはなぜ?

SNSで知り合った男子高校生に全裸動画を送らせるなど教養をしたとして、27歳の男、今田創史容疑者が逮捕されました。

今田創史容疑者は容疑を認めているとのことです。

いったい何が目的だったのでしょうか。また、今田創史容疑者の顔やSNSなどは特定されているのか。

今回はこの事件について解説していきます。

男性高校生・全裸動画送らせる事件概要

まずは事件の概要から見て行きましょう。

SNS(会員制交流サイト)で知り合った男子高校生に全裸の動画などを送らせたとして、大阪府警生活安全特別捜査隊は3日、児童買春・ポルノ禁止法違反(単純製造)と強要の疑いで愛知県東海市、団体職員、今田創史容疑者(27)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は8月18日、SNSで知り合い、やり取りをしていた大阪府内の10代の男子高校生に、裸体の写真や、全裸で屋外を歩いている複数の動画を撮影させて送信させたとしている。

同隊によると、今田容疑者は男子高校生に学生証の写真を事前に送らせた上で、「身元をばらす」などと脅して動画や写真の撮影をさせていたという。

引用元:Yahoo!ニュース

愛知県に住む今田容疑者は、大阪府内に住んでいる男子高校生に全裸動画を送らせたようです。今田容疑者は自分の名前などは匿名でSNSをしていたようです。

名前を匿名にしたところで、警察が調査をすれば一瞬でばれますので意味ないですよね。。

小原和幸容疑者顔画像・会社・SNSは?新宿マンション侵入性的暴行事件について2019年9月、東京新宿区のオートロック付きのマンションに侵入をした上、20代の女性の家に侵入をし、無理やり性的暴行を加えたとして、小原...

今田創史容疑者顔画像・SNS・勤務先会社は?

今田創史容疑者の顔画像は現在のところ公開されておりませんでした。

また、SNSに関しても同姓同名はいるものの、本人と特定することができませんでした。

  • 氏名:今田創史(いまだそうし)
  • 年齢:27歳
  • 自宅住所:愛知県東海市
  • 職業:団体職員
  • 逮捕理由:児童買春・ポルノ禁止法違反(単純製造)と強要の疑い

児童買春・ポルノ禁止法違反(単純製造)と強要の疑いで逮捕されたとのことで、複数の罪が課せられる可能性が高いですね。

なんのSNSで知り合った?

SNSで知り合ったとのことですが、近年さまざまなSNSがあり、どのSNSなのかについては特定が難しいですね。

あげられるとすれば

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE
  • カカオトーク

あたりかもしれません。

他にも挙げればいくつもございますが、上記SNSは会員数が多いことから犯人が使用していた可能性あると見られます。

または、上記SNSではなく、出会い系サイトである可能性も高いですね。男子高校生も普通のSNSを使っていたのであれば、強要されても親にすぐ相談できたでしょうし、出会い系となると相談しにくいため、ここまで追い込まれてから相談をしたということも考えられます。

小原和幸容疑者顔画像・会社・SNSは?新宿マンション侵入性的暴行事件について2019年9月、東京新宿区のオートロック付きのマンションに侵入をした上、20代の女性の家に侵入をし、無理やり性的暴行を加えたとして、小原...

ネットの反応

ネットの反応を見ていきましょう。

そもそもの趣味嗜好が犯罪に抵触するのだから、脅したりして大事にしてはいけない。

画像やら動画を「送らせる」と、どこかに残骸が残っているだろうから、思いがけず露見するかもしれない。今後の方が用心するべきな気もしないではない。

ネカマとかあるからなぁ
表面化してない事件も相当あるでしょ。
この高校生も脅迫までされてなければ親にも相談しなかったのでは?

路上を裸で歩く高校生も大したもんだ

福祉関連の団体職員、今田創史容疑者(27)

業種は?児童福祉関係じゃなかろうな?
だとすると、余罪がありそう。

その強要に応える高校生って、どこまで……

犯人の犯行動機はなんだった?

今田創史容疑者は男子高校生にSNSで全裸動画を送らせたのは、何が目的だったのでしょうか?動機については明らかになっておりません。

一般的に考えられることとすれば、そういった趣味嗜好の癖があったとかでしょうけれども、そうとも限りません。

全裸動画を販売し儲けていたということも考えられますし、学生証を提示させてまで強要するくらいですから、ただの趣味でやっただけとは考えにくい気もします。

それにしても、男子高校生も強要されたとはいえ、全裸で路上を歩くなんて、犯人にかなり追い込まれていたのでしょうか。





 

さいごに

こういったわいせつ事件は異性だけとは限らず、近年同性あいてでも起きることですね。

SNSは間違った使い方をすると非常に危険な目に遭ってしまいます。

あと、匿名で使ったところで発信者情報開示されてしまえば、IPアドレスなどからもすぐ身元が特定されてしまいますので、そういったことを考えている犯罪者たちは、そこまでのリスクを負うんだということを自覚して欲しいですね。そうなればこういった類の犯罪の数も減ることだと思います。

それでは今回はここまでとなります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。