事件

福岡市南区柏原1丁目で起きた事件の犯人は誰?

2019年 2月8日午後6時10分ごろ福岡市南区柏原1丁目のアパート1階の部屋で成人男性がなくなっているのがわかりました。

この事件は殺人事件の可能性が高いと見て警察が捜査を進めております。

事件について詳しく解説をしていきます。

事件の概要

まずは事件の概要を見ていきましょう。

8日午後6時10分ごろ、福岡市南区柏原1丁目のアパート1階の部屋で、成人男性が倒れているのを警察官が発見した。福岡県警によると、男性はすでに死亡し、外傷があった。住人の50代男性と連絡がとれていないという。県警は事件の疑いもあるとみて調べている。

南署によると、部屋の玄関や窓は施錠されていた。男性は上下スウェット姿で血を流していたという。男性の知人が8日正午ごろ、署を訪れ、「男性と連絡が取れない」と相談。部屋を訪れた署員が遺体を見つけた。

引用元: Yahoo!ニュース

以上が事件の概要となります。

恐ろしい事件が起きてしまいました。知人の男性が2月8日の正午被害男性の自宅を訪れ男性と連絡が取れないと警察に相談をしたことから事件が発覚致しました。

2/9:20時追記:亡くなったのはこの家に住んでいた吉松孝さんだと判明しました。

事件現場のアパート


引用元:Yahoo!ニュース

事件の現場は福岡県福岡市南区柏原1丁目のアパートの1階で起きました。

JR博多南駅から北西に3.5キロ離れた住宅街とのことです。

犯人は誰?

なくなっていた40代から50代とみられる男性には刺傷などがあり上下スエット姿で血を流していたとのことです。切り傷も多数ありましたが、服に争ったような乱れはなく、一方的にやられたのではないかと考えられます。


スポンサーリンク



部屋の鍵はかかっていた

今回アパートの1階の部屋で遺体が見つかりましたが、なんと部屋の鍵家窓は閉まっていたとのことです。

体に多数の切り傷や刺し傷があることから殺人事件とみて捜査をされていますがこの事件には少し謎が多いような気がします。

鍵がかかっていたことから犯人がいるとすれば犯人はその部屋の鍵を持っていたということが考えられます。

また被害にあった男性の所有していた車も現場からなかったと言うことで犯人がその車を使って逃走を図った疑いがあります。

近所の人の不安

今回の事件で犯人がまだ捕まっていないと言うことから、周辺の住人の方々も不安と言う声が上がってきております。

近くに住む男性会社員の方は一体何が起きたのかわからないけれど不安だ。と言うふうに取材を受けておりました。

警察も警戒をしてこのあたりに住む人々に向けて戸締りをしっかりと行ってくださいと言う呼びかけをしているとのことです。

確かにいきなりこのような事件が起きて周辺の方は不安になるのも仕方ありません。

この事件が早く解決することと、犯人が捕まることを願っております。

また新たな情報が入り次第加筆してまいります。