事件

藤井康成容疑者の顔画像特定!大東文化大学教授の鳩殺害理由がヤバい!

2019年1月、東京都帰宅の公園で、鳩に劇薬を混ぜた米を与え、殺害したとして大東文化大学教授の藤井康成容疑者が逮捕されました。

鳩を殺害した理由がヤバい!藤井康成容疑者の顔画像なども調査!

今回はこの事件についてくわいく解説をしていきたいと思います。それでは早速見ていきましょう!

事件の概要

こちらが事件の概要です。

東京・北区の公園で殺虫剤に使われる劇薬を混ぜた米をハトに食べさせて死なせたとして、大東文化大学の准教授の男が逮捕されました。大東文化大学の准教授・藤井康成容疑者(51)は今年1月、北区の神谷公園で殺虫剤に使われる劇薬「メソミル」を混ぜた米をカワラバト4羽に食べさせて死なせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、付近の防犯カメラには藤井容疑者がハトに餌(えさ)を与える様子が映っていたということです。藤井容疑者の自宅からはメソミルも見つかりました。取り調べに対し、「家の近くにハトが来るのが邪魔だった」などと容疑を認めています。北区では3年前からハトやスズメなど約100羽の死骸が見つかっていて、その付近ではいずれもメソミルが見つかったということです。警視庁が関連を調べています。

引用元:Yahoo!ニュース

劇薬はメソミルという薬でして、藤井康成容疑者の自宅でも見つかっていたそうです。付近の防犯カメラの映像で藤井康成容疑者がはとに餌を与えている姿が映っていたことが逮捕のきっかけのようです。

防犯カメラはやはり優秀ですね。悪行をすれば必ずバレるということです。

藤井康成容疑者の情報

藤井康成容疑者について判明している情報を載せておきます。

まずは顔画像です。


引用元:Yahoo!ニュース

年齢は51歳とのことで、年相応の見た目をしている印象です。

続いてプロフィールです。

名前:藤井康成(ふじいやすなり)

年齢:51歳

住所:不明

職業:大東文化大学教授

以上が藤井容疑者について判明している情報となります。


スポンサーリンク



メソミルとは?

今回犯行に使われたメソミルとは一体どんな薬なのでしょうか?こちらについて調査をしてまいりました。


引用元:Yahoo!ニュース

wikipedhiaでは以下のように解説がされておりました。

米国デュポン社が開発したカルバメート系の殺虫剤。青色の粉末で、弱い硫黄臭がある。日本国内では1970年に登録され、「ランネート」などの商品名で販売されている。主に野菜畑において、ハスモンヨトウをはじめとした大型害虫に対し、水和剤として使用される。

引用元:wikipedia

主に畑の農薬などで使われている殺虫剤だそうです。藤井容疑者は、そうと知りながらも鳩に対してメソミルをつかい、殺害を図ったということになります。

犯行動機がヤバい

藤井容疑者の犯行動機がヤバいです。鳩にメソミルを使用し、殺害した理由は「家の近くにハトが来るのが邪魔だった」と供述をしております。

確かに、鳩は人に慣れていたりして、避けなかったりと、なかなか邪魔だったりしますよね。ですが殺害はしてはいけません。当然のことながら。

しかし、藤井容疑者は3年前から犯行に及んでいた可能性が高く、それまでに鳩や雀たち約100羽ほど殺害されていることがわかっているそうです。

100羽って相当な数ですよね。人ではないですが、鳩や雀だって同じ生き物です。このような理由で殺害することは罪になることくらいわからなかったのでしょうか。

大東文化大学教授とのことでしたが、この一件で職を失う可能性は高いのではないでしょうか。


スポンサーリンク



ネットの反応

・知識を残酷な事に使うのは良くないと思う。

・本人のためにも逮捕されてよかったよ。
塀の中に鳩は入ってこないからな。

・しかし惨いことをする。エスカレートすると、今度は公園の子供が狙われるかも。

・こうゆう人がいるからこそ罪を重くするべきだと思う。

・こういう動物を平気で殺せる奴は、シリアルキラーに変貌する可能性があるから要注意。多分サイコパスでしょうね。

・公園に遊びに来た幼児が鳩の死骸が散乱してるのを見るわけですよ。
いい影響があるとは思えませんね。
厳罰を望みます。

・名誉の事を考えなかったんだね
人には知性も理性もあるのに 残念
罪は重くて良いと思うよ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。