ライフ

小さなことが気になる不安になるという方必見!人生が楽しくなる方法

小さなことで傷ついたり不安になって夜も眠れないなんてことを経験された方はいるでしょう。

このブログを読んでいるということはきっとあなたは今その状態なのではないでしょうか。

まず前提として、それは決して悪いことではないということをお伝えしておきます。これからご紹介するのはあるビジネス書(最後に紹介します)を読み、僕が実際に体験したことも踏まえて小さなことでもう気にしないようになれる方法をご紹介していきたいと思います。

この記事を読み終えた頃にはあなたは少なからず今よりも一歩前に進むことができるようになるでしょう。

それでは早速読んでいきましょう!

小さなことが気になるときはどうすればいいの?

小さいことは気にするなと言われても、気になりますよね(笑)僕もそうでした。一度過去の僕は仕事の場面などにおいて自分で意思決定を下したのにもかかわらず、コロコロと考え方を変えてしまう自分がいて、結局何がいいのかもわからずに混乱してしまうといったことがよくありました。

小さなことを気にしだすと集中力だって低下して行きます。

集中力がもたない原因と7つの方法で改善!集中が続かない方必見! 大事なテスト勉強をやるぞ!と決めたものの集中力が持たないのであっというまにテレビを見たり、ゲームをしたりしている自分がいる。 ...

また、仲の良くない人などに言われたさっきの一言がひっかかって傷ついたり、接客業なんでクレームを受けてなんで自分がこんなお客のために頭を下げないといけないんだよ。と長々と考えていたり。

考え出すと小さなことがいっぱいでてきて、もう疲れちゃいます。

多分なんですが、この小さなことで気にするタイプの人っていうのは、プライドが変に高かったり完璧主義を目指していたり、いい人になろうとしている傾向にあると思うんですよ。

で、これらのことって決して悪いことではないのですが、その傾向が強ければ強いほど人って気にしやすい性格になっていくんだと思います。

ならどうすれば小さなことが気にならない性格になるのでしょうか。いくつかポイントがございますので一つずつ見ていきましょう。

大きな声を出せば小さなことで悩まない

僕の経験上なんですが、小さなことを気にしやすい人の特徴としてあげられるのが声が小さいということです。

声が小さいとベテランの人でも新人と間違われたり、自分がいった意見が他の人の声に負けて流されてしまったりなど、本当は僕のいっていることの方が正しいのに。などときにしてしまいます。

この小さなことで気にし出すとキリがないです。

大きな声を出すとそれだけで自信満々に見えて周りの目も変わりますし、何と言っても相手に舐められにくくなるので、余計な一言を言われたりして自分が傷ついたりすることも少なくなってきます。

一瞬でもいいからムッとすること。

小さなことで気にしやすい人は、いつも顔が不安な表情だったり無表情な方もいるかと思います。

そして、相手があなたに何か文句を言ったり、理不尽なクレームを言ってきたり、余計な一言や雑用の業務を平然と押し付けてきたりなど。

相手に舐められたり、この人にはきつく言っても大丈夫だろうなどと思われたりすることがあります。

例えばあなたがアルバイトをしていて、お客に無理な要求をされたとします。明らかに理不尽な要求です。

この時に、「はいわかりました。」とすんなりと受け入れるのか。一瞬ムってした顔を見せるのとでは効果が違います。

すんなりと受け入れてやってしまうとあとあとそのことが気になって、あの時言い返しておけばよかったなぁなどとこれまた無駄な小さなことを気にしてしまいます。

僕は接客業をしているのですが、理不尽なお客ってやっぱりいるんですよ。

その時に一瞬ムってすると、「やっぱり大丈夫だよ」とお客も一歩引くことがあります。

そうすればなんだか自分の心を読んでくれたんだと思えるようになりますし、ストレスだって軽減されます。

なので何か余計なことを言われたり、理不尽な要求をされた時には一瞬ムッとしてみると良いでしょう。



小さなことで不安になる時

仕事で失敗をした時に、不安になったりすることってありますよね。

もちろんそれ以外にも小さなことで不安になって夜も眠れないと言った経験をされた方はいるでしょう。

まず一言言うと、大丈夫です

何が大丈夫だって?と言う声が聞こえてきそうですが、あなたが考えている不安の9割は現実に起こりはしないことだからです。

こう思うと今自分が考えている不安なことって無意味なことなんだ、よし考えないでおこうと思えてきます。本当です。

失敗を気にするタイプの人っていうのは、完璧を目指そうとばかり思って結局何も挑戦できないっていう人が多いと思うのですが、これって損をしていて、失敗=悪いことだと不安に思う必要って全くないのです。

むしろ成功談を友達にするよりもあなたの失敗談を友達にした方が実はうけるんですよ。

例えばあなたはプロのブロガーを目指していたとします。ネットで色々と検索をしているときにあるサイトを見つけました。

そのサイトには「ブログ開設ずぶのど素人が一ヶ月で2万PV達成!月収200万円を三ヶ月で達成!誰でも簡単に稼げちゃいます!」などと言ったことばかりが書かれていたら、疑いますよね?もしそのサイトのひとが本当に三ヶ月で月収200万円いっていたとしても、見ている側は胡散臭いと思ってしまいます。

それではこう書いていたらどうでしょうか?

「今現在月収200万円を達成することができていますが、僕もブログ開設一ヶ月目の頃はPV(アクセス数)も0でこの先本当にブログでやっていけるのかと不安でしたし、何度も挫折という失敗を繰り返していました。。でも継続して半年ほどしたらPV数が1万2万と徐々に上がってきて、なんだか楽しくなってきました。2年もしたら月収200万円を達成することができたのでそのノウハウをあなたにも教えたいと思います。」

2つの例を出しましたが、後者の方は自分の失敗談も入っていて信憑性が高いです。で、これってこの人が挫折という失敗をしていなかったら成功が手に入れられなかったわけで、失敗をしたからこのようなリアルな実体験の話をできるわけなんです。

後者の方がうけがいいと思いませんか?

なので、もしあなたが今何かをしようと思った時に失敗ばかりを恐れて不安になっているというのであれば、まずは行動しましょう。

そしてどんどん失敗してください。その失敗は時が経てば笑い話にもなりますし、もしあなたに後輩ができたら、その失敗談を話せば、後輩もきっと「この先輩にもこんな失敗があったんだ」と心を開いてくれるかもしれませんよ。

言葉に気をつけると前向きになれる

普段からあなたが使っている言葉は実は相手にとっては不快だったり、また自分にとってもネガティブになりがちな言葉を使っていたりしませんか?

と言われてもわかりませんよね。(笑)

どうせ、私なんて、このようなマイナスな言葉を使えば本当にそれが現実となってしまいます。

海外のトップアスリートの方などで、「俺ならやれる」と連呼して本当に凄腕のパフォーマンスをする人を見たことはないでしょうか。

自分が発する言葉は自分の耳にも聞こえていますので、その言葉がマイナスな言葉だと、自分自身が言葉のマジックにかかってしまい、不安な気持ちにもなってしまいます。

では、言葉をポジティブにすればどうでしょうか。

例えばあなたが上司に褒められたとします。すると「そんなことないですよ」と否定してばっかいたら、上司だって「なんだよせっかくほめてんのに」と思われてしまいますし、自分も「うれしいけど本当にそんなことないんですけどね」と悲観的になってきちゃいます。

そんなときは素直にありがとうございますと言っておけばおk。

相手に気遣いをされた時もすみませんというのではなくありがとうと言った方が相手もお礼を言われたと思いますし、自分だってすみませんばかり言っていたらなんだか本当に申し訳ない気持ちになってきます。

このように使う言葉をポジティブな言葉にするだけで、前向きな性格に変えることだってできるのです。



さいごに

あなたが傷ついていたり、気にしていることは別に誰も気にしていないですし、あなたが考えている不安なことの9割は起こらないことということを理解しましょう。

大きな声を出すこと意識したり、理不尽なことを言って着た人にはムッとした表情を見せたり、使う言葉をポジティブなことばにしたり。

日常生活においてこれらの工夫をしていけばあなたもきっと気にしない人になることができるでしょう。

物事において成功は気にしない人だけが手に入れることができます。

成功を掴みたいのであれば、小さなことで傷ついたり不安になっている暇なんてありません。楽しい人生を送りましょう!

僕はこの本と出会って人生が大きく変わり楽しくなりました。

イライラした時は読書や運動やヒトカラが効果的?ストレス解消方法8選最近イライラしてしまう。すぐに怒りっぽくなってしまう。などとお悩みの方へ、日々頑張っている証拠ですね!ストレスも溜まることでしょう。時に...
集中力がもたない原因と7つの方法で改善!集中が続かない方必見! 大事なテスト勉強をやるぞ!と決めたものの集中力が持たないのであっというまにテレビを見たり、ゲームをしたりしている自分がいる。 ...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。