事件

野久尾真代容疑者の夫や勤務先は?4歳の娘に暴行した動機は?

2月18日、4歳の娘に暴行を加え、傷害容疑で母親の野久尾真代容疑者が逮捕されました。

児童虐待事件が最近多いように感じますが、今回はこの事件について詳しく解説をしていきたいと思います。

それでは早速ご覧ください。

事件の概要

まずは報道内容をご覧ください。

鹿児島県警いちき串木野署は18日、4歳の娘に暴行を加えてけがを負わせたとして、傷害の疑いで水産加工会社のアルバイト従業員、野久尾真代容疑者(29)=同県いちき串木野市=を逮捕した。

逮捕容疑は1月14日か同16日にかけて腰などの皮膚が剥がれる約1週間のけがをさせ、同22日ごろには頭に約5日間の打撲傷を負わせた疑い。署によると、どのように暴行を加えたかは不明。

県警は、児童相談所から情報提供を受けて捜査した。野久尾容疑者が日常的に虐待を繰り返していた可能性があるとみて捜査を進める。

皮膚が剥がれるほどの暴行ってなかなか痛々しいですよね。4歳の娘さんも辛かったことでしょう。

この事件の同日にも似たような事件が起きてました。

2歳児に暴行したという事件です。

富永美紀容疑者の夫は?2歳児息子を暴行した動機は?2月18日、2歳の息子を蹴るなどして、母親で会社員の富永美紀容疑者が逮捕されました。 児童虐待事件また起きてしまいましたが、今回は...

野久尾真代のプロフィール

容疑者のプロフィールをまとめてみました。

名前野久尾真代(のくよまよ)
年齢29歳
住所鹿児島県いちき串木野市
職業アルバイト(水産加工会社)
逮捕理由傷害容疑

傷害容疑で逮捕された野久尾真代容疑者は、普段は水産加工会社のアルバイトとして勤務していたようです。また、勤務先についての情報はございませんでした。

野久尾真代容疑者の顔画像は?

容疑者の顔画像は現在のところ公開されておりません。公開されましたら更新してまいります。


スポンサーリンク



犯行手口がヒドイ

犯行手口は1月14日から16日の二日間に渡り、4歳の娘を暴行しました。皮膚が剥がれたり、打撲傷を負わせるなどをした疑いです。

さらに、22日にも頭を暴行するなどをし、5日間ほどのけがをさせています。

計100以上の傷があったとのことです。

これが事実であれば実の幼い娘にこれほどの暴行を加えるのはヒドイですね。

皮膚が剥がれるって相当だと思います。また、容疑者の動機については明らかになっておりませんが、この手のケースは日常的に暴行を加えていた可能性も高いですよね。

・育児を毎日することに疲れた

・子供が言うことを聞かないので暴行した

・ストレスがたまり、暴行した

この辺りでしょうか。誰にも相談できずに悩んでいたのかもしれません。ですが、子供を守る立場の人がこのようなことをしてしまってはいけませんよね。

しかし、容疑者は現在のところ容疑を否認しているとのことです。

児童相談所からの通報により発覚しましたが、このままほおっておくともっと悲惨なことになっていたかもしれませんね。


スポンサーリンク



ネットの反応

ネット上のみんなの意見を見てみましょう。

こういった幼児体験をした人は、自分が大人になってからも同じことをする人が多いと聞いたことがある。貧困の連鎖だけでなく、暴力の連鎖もなくしたい
絶対に許せない。本来甘えて頼るための母親。
幼児虐待残念ながらぼろぼろ出ますね。
先日日々積み重なった娘のわがままに大説教。でも手はあげませんでしたよ。
例の事件が大大と報道されているのに、どうして思いとどまらないの?

先日あった小学4年生の女の子が父親の虐待をうけなくなった事件がありましたが、連日報道されているにもかかわらず、こうしてまた虐待事件が起きてしまいました。

手をあげたくなる時はあるかもしれません。しかし、暴力ではなく、言葉を使ってちゃんと指導をしないといけませんよね。

一人でも多くの方が虐待はいけないと言う意識をもっていただければ幸いです。

それでは最後までご覧いただきありがとうござい。