ダーウィンズゲーム

ダーウィンズゲーム原作と違う改変理由は?アニメとの違いをまとめ

「ダーウィンズゲーム」

アニメ化もされて今話題となっている作品ですが、アニメではカットされているシーンなどがあるため、原作を見ていない方からすると謎が残るところですよね。

今回は「アニメと原作と違うところ」についてまとめてみました。

ダーウィンズゲーム原作改変理由

ダーウィンズゲームの原作担当は深山秀さんで、作画担当は高畑ゆきさんです。

アニメは深山さん自らシリーズ構成や脚本を手がけており「漫画で掘り下げられなかった部分をアニメで描きたい」との思いから原作と違うシーンを描いているようです。

また主人公カナメ役の小林裕介さんは、アニメ放送前に「アニメは漫画で描きたかったもうひとつの世界。僕たち自身もやっていて楽しいし、全力でキャスト一度頑張っています」とコメントをされておりました。

シュカ役の上田麗奈さんは「原作とアニメが違うルートをたどるということで、早く第2話を見てほしいし、原作も読んでほしい。アニメならではのよさを出していけるよう頑張っていきたい」とコメントをされておりました。

ダーウィンズゲームカナメのシギル・ヒノカグツチの強さは?須藤要の戦歴についてもダーウィンズゲームに登場する主人公「須藤要(カナメ)」 カナメはダーウィンズゲームに参加をし、シギル・火神槌(ヒノカグツチ)の能力...

カナメのシギル・ヒノカグツチの能力や強さ




ダーウィンズゲーム原作と違うところ

2013年から少年チャンピオンにて連載がスタートされた「ダーウィンズゲーム」が2020年1月からついにアニメ化になりました。

アニメしか見ていない方や原作しか読んでいない方、両方見ているからこそどのシーンが違ったのかを振り返るためにも、ここからはアニメと原作との違いについて解説していきます。

原作とアニメの違うところ①

アニメ1話では、パンダ君が冒頭のシーンで高校生のはまだを殺害し、その後須藤要を襲撃しました。

そして同級生の京田が要を助けにきて、パンダ君に刺されてしまいその後死亡しました。

しかし原作では、冒頭のシーンで殺害されたのははまだではなく、京田です。

はまだは登場していませんので、アニメオリジナルキャラクターということになります。

またパンダ君(ルーキー狩り)の正体は、京田の担任の先生「カトウ先生」ということも判明しています。

カトウ先生は男で50代の見た目をしており、普段からキャバクラに通いお金が尽きたことで家賃など払えなくなっていました。

そして同僚と思われる男の田中が、カトウ先生をダーウィンズゲームへ誘い、対戦を挑んできました。

カトウ先生は当時何がなんだかわからず、身を守るために田中を殺しましたが、後にダーウィンズゲームのルールを把握しました。

ルールは対戦相手を倒すことでポイントがもらえ、ポイントをお金に換金できるということです。

カトウ先生はお金欲しさにゲームにのめり込み、弱い相手である「新人」を狩っていたのでルーキー狩りのパンダ君と呼ばれていたのです。

ダーウィンズゲーム死亡キャラ一覧!シュカやレインの死亡フラグについてもダーウィンズゲームで死亡したキャラクターは、一体どれくらいるのでしょうか。 この記事では現在発売されている「単行本19巻」までの内...

ダーウィンズゲーム死亡キャラ一覧!シギルや死亡理由についても解説

原作とアニメの違うところ②

アニメ2話では、要は自宅でダーウィンズゲームの詳細についてスマホで調べていたシーンがありました。その後秋田会のヤクザ達が殺害されるシーンにうつりましたね。

原作では要が自宅でゲームの詳細を調べていた時、家に警察がやってきました。

要がパンダ君に追われている時に、交番に助けを求めにいったシーンがありました。

その際にカバンを落としてしまったので、警察はかばんを届けるついでに事件の事情聴取をしにきたのです。

要は警察に疑われてしまうものの、話をうまく逸らします。

アニメでは警察の登場シーンはありませんでしたので、ここも原作と違うところです。

アニメの話にはなりますが、パンダ君と戦っていた時の現場の駐車場の防犯カメラとかで警察にバレるんじゃないか?と思っていました。

しかし原作をみてみると、事件があった駐車場の防犯カメラは当時壊れていたため、犯人を特定できなかったとされています。

あと細かなところですが、要がシュカとの戦闘前にディスカウントショップで何か武器となるものを購入しにいっていましたが、アニメでは店名が「どんどん」という名前でした。

原作では「爆安の殿堂ドキン.ホリデー」という店名で要はバットを買おうとしたがやめ、次に「大人の扉18禁」という店に行ってフラッシュライトを購入していました。

原作とアニメの違うところ③

第3話では大きく違うところはありませんでしたが、アニメでは警察の登場シーンがカットされています。

原作では刑事らによる捜査がすすめられており、ダーウィンズゲームでの死者が謎の痕跡(コンクリートで人型になる穴)を残していくため、どういった事件なのかについて警察が捜査しているのです。

原作ではとうとう刑事までもダーウィンズゲームに参加をすることになるので、アニメではどういった展開になるのか楽しみですね。

ダーウィンズゲームレインのラプラス(世界関数)の能力や強さは?ダーウィンズゲームに登場する「柏木鈴音(レイン)」 レインはシュカやその他のDゲームプレイヤーに、情報を販売する「情報屋・解析屋」...




まとめ

第1話:はまだはアニメオリジナルで原作には登場していない。パンダ君の正体がアニメでは明かされていないが原作では京田の担任カトウ先生だった。

第2話:要が自宅でゲームについて調べていたところ警察がやってくる。パンダ君の駐車場の防犯カメラは壊れていた。

第3話:大きく違ったところはないが、3話でもやはり警察の登場シーンがアニメではカットされている。

3話までを参考に原作とアニメの違いについて解説してきました。

全体的に大きく違ったところはありません。

宝探しイベントのルールや登場人物、主要キャラクターなどは、原作もアニメも同じです。

脇役キャラクターや建物名など、細かな設定が少し違うといった印象ですね。

関連記事