生活

集中力がもたない原因と7つの方法で改善!集中が続かない方必見!

“レオンくん“”
“レオンくん“”
集中力が続かない時はどうすればいいの?

大事なテスト勉強をやるぞ!と決めたものの集中力が持たないのであっというまにテレビを見たり、ゲームをしたりしている自分がいる。

スポーツにおいては集中力が切れて練習が捗らないと言ったこともあると思いますし、仕事でも集中力がへってミスが増えたりして、お客様に迷惑をかけたり、上司に怒られたりなどを経験された方もいることでしょう。

今回は、約30冊の集中力を高める本を読んできた僕が、その集中力を高めるためにやったほうがいいことをこの記事一つにぎゅっとまとめました。

これからご紹介することは、集中力を高めるノウハウが凝縮されていますので、この記事を読み終えた方はきっと、集中力を高めることができるようになるでしょう。

それでは早速みて行きましょう。

集中力が続かない原因と改善方法

“レオンくん“”
“レオンくん“”
そもそもなんで集中力が続かないのか知る必要があるねぇ

集中力を高めるための方法をご紹介する前に、まずは原因を知る必要があります。

集中力が続かないという方で、自分は生まれつき集中力がないから仕方ないと思っている方や、あの人はいつも集中力が高いし、常に勉強しているからきっと学校でも成績がトップなんだろう。と思っている方は、いるかと思います。

ですが、それは間違いであって、人間の脳というのは集中力が持たない構造になっているので、集中力が持たないのは当然のことなんです。

ひと昔に人類は野生動物から身を守るために常に辺りを警戒していました。肉食動物に襲われないためですね。

あなたは何かに集中していたら、周りが見えなくなると言った経験はないでしょうか。

それだと肉食動物に襲われてしまいますよね。その本能的な部分が現代の人類にも引き継がれていると言われているのです。

人の脳は動物よりもはるかに知能が高いので、言葉を喋ったり、物を巧みに使ったりなどが可能です。僕たちは日々当たり前のように通勤をし、家事を行い、暮らしています。

他の動物たちと違うのは脳の構造であって、僕たちの頭のおでこのちょっと上の方に前頭葉という脳があります。

この脳は感情をコントロールできたり、きたえると集中力が高まるといった効果が得られます。

つまり、集中力が続かない人はこの前頭葉を鍛えればいいわけであって、集中力が続いている人はこの前頭葉が無意識に鍛えられているか、意識して鍛えている。

もしくは脳のエネルギーの節約の仕方がうまいなどといったことが考えられます。

集中力を高めるために

ここまで、集中力がもたない原因について解説してまいりました。それでは原因を知ったあなたに、これからは集中力を高める方法について詳しく解説して行きたいと思います。

まず前頭葉を鍛える方法についてですが、イメージとしては筋トレがわかりやすいのですが、腕立て伏せを毎日10回ほどしていたら、次は20回30回とだんだんとできるようになってきますよね。

脳の前頭葉も同じで鍛えれば集中力も高まりやすいのです。そして、腕立て伏せをすればするほどできる回数も増えてきますが、同時に少ない回数での腕立て伏せが楽になってきます。

つまり、最初は限界が10回だったのが50回できるようになったひとであれば10回の腕立てなんてへっちゃら〜ということです。

前頭葉も同じく限界値を高めていけば集中力も切れにくくなりますし、さらにいえば節約する方法だってありますので、これらを組み合わせればあなたは最強の集中力を手に入れることだって可能です。


スポンサーリンク



1,正しい姿勢を意識する

“レオンくん“”
“レオンくん“”
猫背だと脳に栄養が行き届かないんだ

前頭葉を鍛えるには姿勢を意識して行きます。普段あなたが歩いている時や走っている時、または座っている時や物を取る時など、姿勢を意識してみてください。

姿勢を意識することで、脳の前頭葉も活性化され、集中力を高めることができるようになります。

例えば立った状態で眠るのと、寝転がった状態で眠るのとどちらが寝やすいでしょうか。もちろん答えは後者の方ですよね。このように人間の脳は姿勢によって集中力を高めることが可能なんです。

このことが理解できれば、姿勢の重要性にもきづくことができるかと思います。姿勢が曲がった状態で走るのと姿勢よく走るのとでも疲れやすさは変わってきます。

姿勢が悪いと、血流が悪くなり、脳に血が回りにくいので集中力も落ちてしまいます。あと、実は座っているよりも立っている時の方が血流も良くなるので集中できます。

ただ、仕事などでどうしても座らないといけない場合は、15分に一度は立ち上がる癖をつけると良いでしょう。

座っている時も立っている時も、常に姿勢を意識して行きましょう。

・姿勢が悪いと血流が悪くなり集中力をみだす

・実は座るよりも立っている方が集中できる

・適度に立ち上がる

恋愛上手に?仕事ビジネスの場にも役立つおすすめの心理学本10選

2,環境を整える

“レオンくん“”
“レオンくん“”
携帯電話は集中力を乱す敵やで!

集中力が持たないと嘆いている人は、一度部屋の環境を見直したほうが良いですね。

部屋が散らかっていたり、何か誘惑するようなものがあると人は集中力を奪われてしまい集中力が持ちません。

部屋が散らかっているという方は部屋を片付けましょう。そして、誘惑するものというのは例えばテレビや布団、スマホや漫画などなど。

すぐ近くにこれらのものがあると、ちょっと休憩しようなどといって、すぐにスマホをいじったり、テレビを見たり、寝転がってしまい結局1日が終わってしまうと言ったことになりかねません。

僕がはいつもPCで仕事をすることが多く、このブログを書いている時もそうですが、集中するためには、まず部屋を片付けてからPCに向かっています。散らかっていると気が散るので。

あとはスマホがいちばんの天敵なので、スマホは手の届かないクローゼットに入れてサイレントモードにしています。

ここがポイントなんですが、スマホを近くに置いていたり、遠くに置いているが通常モードやマナーモードだと、音や振動で結局気になって見てしまうと言ったことがありますので、サイレントモードがオススメです。(笑)

そしてPCに向かえばあとは集中して作業ができますので、スマホの存在なんて忘れてしまうほど集中することができます。

気づいたら2時間経っていたなんてこともしょっちゅうです。

・集中できる環境にする

・スマホはサイレントモードにしクローゼットへ

・誘惑するような余計なものは捨てる

恋愛上手に?仕事ビジネスの場にも役立つおすすめの心理学本10選


スポンサーリンク



3,底GI食品が効果的!食事を見直そう

“レオンくん“”
“レオンくん“”
白米よりも玄米がおすすめ

普段の食事で気をつけるポイントは血糖値が高い食品は控えたほうが良いということです。

人の脳はかなりのエネルギーを使うため、すぐに消費してしまう傾向があるのですが、そのエネルギーとなっているのがブドウ糖です。

ブドウ糖はご飯やうどんなどの炭水化物にも含まれておりますが、白米とかだと血糖値が高いので実はオススメではないです。

集中力を高める食品は低GI食品を摂ることをおすすめします。例えばご飯を食べた後って眠たくなったりぼーっとするといった経験をされた方はいるかと思いますが、高GIの食品だとこの傾向が強くなってしまうのです。

GIとは一体何か?詳しく見て行きましょう。

GIは1981年、トロント大学のジェンキンス博士らが発表した概念です。食べ物の血糖値の上がりやすさを指標としたもので、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示します。
現在では1300種以上の食品にGI値が発表されており、WHO、カナダの栄養士会、国際糖尿病学会でもGIの利用を薦めています。高GI食品を食べると糖質の吸収が急激になり、身体に負担がかかります。反対に低GI食品は糖質の吸収が穏やかになり、結果としてインスリンの過剰分泌を穏やかにします。インスリンの過剰な分泌は肥満やその他の不調につながります。GI値の目安として、一般的にGI値が70以上を高GI食品、56~69が中GI食品、55以下が低GI食品として分類することができます。
引用元:https://www.otsuka-plus1.com/shop/pages/soyjoy_lowgi.aspx

低GIの食品を取れば食後にぼーっとすることも抑えれて、エネルギー源のブドウ糖を摂取できるということになります。

食品GI値一覧でGI値を確認!

GI値の70以上が高GIとされ、55以下が低GIとされています。その中間が中GIですね。

なので55以下のものを摂取して、70以上のものは控える意識を持てばおkです。

あとはコーヒーやエナジードリンクなども1日コップ一杯分程度飲むと適度にカフェインが摂取できるので良いと言われています。

・ブドウ糖を摂取する

・底GI食品を取り入れる

・脳は大量のエネルギーを消費する

成功する人の習慣は?成功者の話し方には特徴があった?

4,習慣化する

“レオンくん“”
“レオンくん“”
無意識にすることは脳のエネルギーを節約できるんだ

集中力を高めるには物事を習慣化してしまえばいいです。例えば仕事で新入社員としてあなたが就職をしたとして、初めってなかなか覚えることも多いし、頭も疲れますよね。

これって前頭葉を使いすぎているからなんです。何かの意思決定をすればするほど前頭葉のパワーが消費されて行き、脳が疲れて集中力が落ちてくるんですね。

なんども同じミスをする人は、ここが関係しているかもしれません。

ところが慣れてくると、仕事もスムーズにできるようになってきて、全然疲れないようになってきます。

普段の生活で言えば、歯を磨く行為などがもっともわかりやすいかもしれません。

歯を磨くのにそこまでエネルギーを使うことはないです。それは習慣化されているから前頭葉の消費を最小限に抑え、無意識的に歯を磨くという行為ができるからなんです。

仕事や勉強スポーツなどにもあてはめることができまして、スポーツなんかで言えば運動場を毎日10週入っていれば最初はバテることもあったけど、そのうち楽になってきますよね。それと同じことです。

習慣化さえしていけば、集中力を高めることが可能になります。

このことを理解できている人であれば、仕事や勉強スポーツにおいても成功する人は多いと思います。

新人社員で最初はできなくて当然にもかかわらず、「私はすぐ集中できなくなるしミスをするしダメなんだ」と思うとどうしてもネガティブになりがちです。

最初はできなくて当たり前なのにもかかわらず。しかし、「今は慣れていないだけ、習慣化にさえできればミスもなくなるし、疲れにくくなるんだ」と考えられるようになるので、前向きに取り組むことができますね!

・物事を習慣化する

・無意識にできるようにする

・脳の仕組みを理解する

イライラした時は読書や運動やヒトカラが効果的?ストレス解消方法8選


スポンサーリンク



5,ドーパミンを分泌させる

“レオンくん“”
“レオンくん“”
スクワッドとかもおすすめ

ドーパミンというのは運動によって最も多く分泌されることがわかっています。ドーパミンは集中力を高める効果があります。

ある海外の大学の研究によると、20分の運動後の3〜4時間は集中力が漠然に上がるといった研究結果が出ております。

朝起きてストレッチやラジオ体操などもいいですし、家の周りをランニングするのもいいですね。

僕は、いつも休みの日はPCに向かっていることが多いので、たまにストレッチをしたり家の周りを10分走って10分歩くようにしています。

おかげでドーパミンがでてきて、集中力を維持することができています。運動なんて全然してない。。といった方で集中力が持たないよ〜という人はぜひ20分でいいので運動を取り入れて見てください。

今まで集中できていなかったという方も、きっと集中できるようになってくること間違い無いでしょう。

もちろん運動だけではなくこの記事で紹介していることはなるべく全部取り入れることをおすすめしていますが。

・20分ほど運動をする

・ストレッチやラジオ体操でもおk

・15分に一度は立ち上がろう

6,瞑想を取り入れる

“レオンくん“”
“レオンくん“”
1日10分の瞑想で脳を鍛えよう

瞑想と聞いてなんだか抵抗がある方もいるかもしれませんが、瞑想による集中力アップの効果は絶大です。その効果を知ったら取り入れない選択肢はないです。

では瞑想による効果は一体なんなのでしょうか?

これは脳科学的にも証明されており、瞑想をしている人は集中力がとてつもなく高いことがわかっています。

有名どころで言えばあのスティーブ・ジョブズもスピーチの前には必ず瞑想をしていましたし、世界のGoogle社もこの瞑想を取り入れているみたいです。

やり方は簡単で、椅子に座るか、病気や怪我をしている人はベッドに横たわりながらでも構いません。

10分の間目を閉じて姿勢を正します。そしてゆっくりと呼吸をしますが、呼吸をコントロールしようとせず自然な呼吸に意識を向けます。鼻やお腹が膨らむと思いますが、そのどちらかに意識を向けます。

そうすると、他に考え事をしている自分にきずくかとおもいます。その時にゆっくりとまた呼吸に意識を向けます。この繰り返しですね。

これを毎日10分でもやっていれば脳の前頭葉が鍛えられ、集中力も上がるし、感情のコントロールもできるため、怒りやすい人にも効果大です。

また、緊張しやすいといった人は緊張する場面では前頭葉が萎縮するので頭が真っ白になったりもするもですが、瞑想を日々していけばそのような心配もなくなりますし、緊張なんてしなくなります。

その効果が得られるのは個人差があるため、一週間で効果が出る人もいれば一ヶ月以上かかる人もいるため、何より継続が大事ですね。もちろん一回や2回で効果なんて得られませんので。(笑)

・前頭葉が鍛えられ集中力が高まる

・緊張や不安に強くなる

・感情に左右されずコントロールできるようになる

オンラインゲームをやめたい!依存症だった僕が完全脱出できた方法


スポンサーリンク



7,読書をしよう

“レオンくん“”
“レオンくん“”
本読むと頭が良くなるっていうよね〜

集中力を高めるためには読書も効果的です。読書といっても漫画や雑誌などはダメですが。

ビジネス書などの活字系が効果的ですね。本を読むことで脳が活性化され、集中力が高まります。

本を読めば知識も身につきますし頭も良くなるし一石二鳥なんですが、無理に一冊を読み切る必要はありません。

1冊全部読もうとすると2時間も3時間もかかるという方も多いかと思います。オススメの方法としては、まずは目次を見て自分が読みたいと思った項目だけを読むことです。

そうすることで速読のスキルも身について、自分に足りない知識を最短で身につけることができますよね。

本1冊まるまる読むとなると、中には知っている内容であったり、時間がかかって結局内容を忘れてしまうといったこともあるため、この方法は効果的です。

実はこの方法は、1日に20冊も本を読むというメンタリストのDaigoさんがいっていた内容なのですが、僕も実際に試して見たところ、すんなりと内容を理解することができるようになりました。

また、読書をすることで本の内容に集中することができ、余計な心配事などを考えなくて済みますので、ストレス軽減にもなるといわれています。

・読書で脳が活性化される

・知識が身につく

・読書はストレス軽減にもなる

恋愛上手に?仕事ビジネスの場にも役立つおすすめの心理学本10選


スポンサーリンク



さいごに

集中力というのは生まれ持った才能ではありませんし、誰だって鍛えることはできるのです。正しい知識とやり方さえ身につければ、あなたもきっと集中力が高い人になることができるでしょう。

原因と改善方法を知った上で、姿勢に気をつけ、場所を見直し食事を見直し、習慣化にすること。また、ドーパミンを出し、瞑想を取り入れ、読書を日常に取り入れる。

以上の7つの方法になります。ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。