生活

チーターはなぜ速い?速く走れる理由・秘密・性格についても解説!

陸上動物では最速のチーターはなぜあんなにも早く走れるのか気になりますよね。

チーターが早く走れるのにはある理由がありました。

今回は陸上界では世界最速の動物チーターについてご紹介をしてまいります!

チーターはなぜ速い?速く走れる理由・秘密

チーターの速さの秘密について調査を行いました。

背骨が柔軟に曲がり足でしっかりと地面を蹴っている

チーターは背骨が柔軟に曲がる仕組みになっています。
走る際には収縮した後に一気に伸ばすことができるため、それがバネの役割になって脚力を最大限に発揮することができます。

人の体でいう広背筋という部分がチーターでいうバネの役割になります。

つまり、背骨と腰をうまく使い、足でしっかりと地面を蹴ることで前進しているんです。

チーターの走りを分析するちょうどいい動画があります。

陸上選手の100m世界記録保持者のウサインボルトもくねくねとした走りなので、これに近い走りをしていそうですね。

チーターの走りを分析する動画の補足で、チーターの爪にも速さの秘密がありました。

爪はするどく、ちょうどスパイクのような役割になっております。

サッカーとか陸上の靴の裏も、このチーターの爪と同じ理論ですね。

チーターの長い尻尾にも速さの秘密が隠されていました。

チーターは尾で左右のバランスを取り重心をコントロールし、素早く走ることができます。よくガゼルを追いかけていますが、急な方向転換に対応できるのもこの尻尾のおかげなんですよ。

小さな頭に細長い手足、柔軟な体で走ることに特化した体になっています。速く走るために生まれてきたような体型です。

クレアチンが豊富

チーターの筋肉にはクレアチンとよばれる成分が多く含まれており、このクレアチンによって瞬発力のある筋肉になっているそうです。

人間でも筋トレ後にプロテインやクレアチンを摂取する人もいますが、このクレアチンを人も摂取することで、筋トレの効果を最大限に発揮できるようです。

足が速くなりたいならクレアチンを摂取し、トレーニングをすれば良いでしょう。

>>カラスが朝や夜に集まる理由は?家の屋根にくる原因と対策についても

チーターの性格や寿命





チーターの性格や寿命について解説していきます。

臆病な性格

チーターは臆病な性格をしています。

スピードなら右に出るものはいないですが、体長約110cm−150cmで体重が約35kg-72kgという小柄なチーターは、自分よりも大きな動物を襲うことはありません。

ライオンやキリンにゾウなどの大きな動物が来ると素早く逃げます。

人懐っこい

チーターは人懐っこいとも言われています。

ただやはり肉食動物ですので、絶対に人を襲わないという保証はないので動物園やサファリパークでチーターを見かけたときは、決して触ることのないように注意が必要です。

チーターの生態

  • 名前:チーター(英語:cheetah)
  • ネコ科
  • 生息地:アフリカ大陸、イラン
  • 体調:110cm−150cm
  • 尾長:60cm−90cm
  • 体重:35kg-72kg

アフリカ・イランに生息

チーターは主にアフリカ大陸イランに生息しています。
生まれたばかりのチーターの赤ちゃんは、体調30cmほどです。

広い草原や砂漠にいることが多いようです。

死骸は食べない主義

チーターは普段ガゼルやインパラと呼ばれる動物を狩り、食べて生きています。
ちなみに動物の死骸は食べない主義だそうです。

まとめ

チーターはアフリカ大陸やイランの砂漠や大草原に生息しており、走る速さは最高時速約120kmにも及びます。

速さの秘密は「柔軟な体でバネを作り、スパイクのような役割をする爪で地面を蹴り、クレアチン豊富な筋肉で瞬発力を最大限に発揮している」です。

以上がチーターについての内容でした。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。