映画・ドラマ

ブラックパンサー部族の種類は?ジャバリ族の掛け声の意味についても

映画「ブラックパンサー」の主人公ティ・チャラが住む国「ワカンダ

ワカンダには6つの部族が存在しているとのことですが、その部族の種類や名前などが気になりますね。

またジャバリ族が突然掛け声をしていましたが、あれはどういった意味が込められているのでしょうか?

今回はブラックパンサーの部族の種類、ジャバリ族の掛け声の意味について解説していきます。

ブラックパンサー部族の種類は?

まず部族の種類についてみていきましょう。

ゴールデン部族(王族)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Black Panther(@blackpanther)がシェアした投稿


ゴールデン部族はワカンダの頂点に立ち、国を統率する部族です。

ワカンダ国王「ティ・チャラ」や彼の家族が所属しております。

イメージカラーは「ブラックとパープル」で、太陽のシンボル、南アフリカのコーサ族をベースとした「コサ語」を話します。

ボーダー部族(国境)


ボーダー部族はワカンダの国境を警備し、他国からの侵入を防止する役割があります。

リーダーは「ウカビ」で、ボーダー部族の髪型は統一されており、男性は刈り上げで女性はアップヘアとなっております。

国への忠誠心が高く、突如として王が入れ替わったとしても、ウカビが承認すれば他の者も彼に従います。

作中ではキルモンガーことウンジャダカが王になった際も、ウカビが認めたため、後に復活したティ・チャラを敵対していました。

イメージカラーは「ブルー」で、南アフリカのレソト王国をベースとしているそうです。

リバー部族(川族)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Black Panther(@blackpanther)がシェアした投稿


リバー部族は草花や貝殻で作られた髪飾りなどの装飾品を身につけており、リーダーは唇に皿を入れています。

ナキアが所属する部族です。

イメージカラーは「グリーン」です。

マイニング部族(鉱山)

マイニング部族はワカンダの資源「ヴィブラニウム」の資源地を管理・採掘する部族です。

髪に赤土を塗っております。

ブラックパンサー父親の死因・死亡理由は?ティ・チャカとウンジョブが殺された理由を解説映画「ブラックパンサー」に登場する「ティ・チャカとウンジョブ」 ティ・チャカは主人公でブラックパンサー「ティ・チャラ」の父親で、映...

マーチャント部族(商人)

ワカンダの国内貿易を行う部族です。

ナイジェリアをベースとしているようです。

ジャバリ部族

 

この投稿をInstagramで見る

 

Black Panther(@blackpanther)がシェアした投稿


ジャバリ族は本編開始から1万年前、初代ブラックパンサーの部族統一を唯一拒否した部族です。

ワカンダの人気のない山奥に住処を作り、長い期間暮らしてきました。

リーダーは「エムバク」です。

西アフリカのヨルバ族をベースとしてるようです。

またハヌマン(ホワイトゴリラ神)を信仰し、ヴィブラニウムの使用を断っている「自然主義者」でもあります。

自然主義なので毛皮や木を主な資源としております。

ティ・チャラはワカンダ独自の訛りで話す

これまでご紹介してきたワカンダ国の全部族は、公用語として英語・コサ語を話します。

主人公のティ・チャラを演じるチャドウィック・ボーズマンさんがいうには、アフリカ大陸は1つの大陸で様々な国や言語があり、訛りがあるとのことです。

ですのでブラックパンサーとして話す際には、典型的なアフリカ訛りの言語は話したくないと言っております

そのために様々な言語を学び、コサ語をベースとした「ワカンダ独自の訛り」で話しているとのことです。(参考:cinemacafe.netインタビュー記事より)

ブラックパンサーハーブの名前や副作用は?その後についても考察映画「ブラックパンサー」で扱われた「神秘のハーブ」 ハーブを取り入れたものは身体能力を大幅に向上させることができます。 しか...




ブラックパンサージャバリ族の掛け声の意味は?

それではジャバリ族の掛け声の意味についてみていきましょう。

ジャバリ族の掛け声の意味

作中ではエムバク率いるジャバリ族が、白人のロスが発言した瞬間に「ウホウホウホッ!」というような掛け声をしましたね。

あの掛け声の意味について調べてみました。

調査の結果、公式情報は見当たりませんでしたが、恐らく掛け声からしてジャバリ族が信仰している「神:ハヌマン」のゴリラをイメージしているのではないかと考えられます。

先述しましたが、ジャバリ族はワカンダの王に唯一従わない部族で、ハヌマンと呼ばれるホワイトゴリラを信仰しています。

またロスが発言したタイミングで「ウホウホウホッ!」と言い出したことを踏まえると「敵を威嚇する時の掛け声」ということも考えられます。

ワカンダフォーエバー!の意味についても

作中では「ワカンダフォーエバー!」と言い、手をクロスしたポーズをとる瞬間がありますね。

ワカンダフォーエバーとは「ワカンダよ永遠に」といった意味が込められているようです。

吹き替えだとわかりませんが、字幕だと表示されます。

ブラックパンサー最後の人バッキーは誰?ラストのホワイトウルフとは何?映画「ブラックパンサー」のラストシーンで登場した「バッキーバーンズ」 ブラックパンサーの道中ではほとんど登場しなかったバッキーが、...




まとめ

ブラックパンサーの部族の種類やジャバリ族の掛け声について解説してきました。

部族の種類をまとめると

  • ゴールデン部族
  • ボーダー部族
  • リバー部族
  • マイニング部族
  • マーチャント部族
  • ジャバリ部族

上記の6種類となります。

またジャバリ族の掛け声の意味は、おそらく「神ハヌマン」のゴリラをイメージとした発声法で「敵を威嚇する際に使う」のではないかと考えられます。

それでは今回は以上となります。

関連記事