映画・ドラマ

ブラックパンサーハーブの名前や副作用は?その後についても考察

映画「ブラックパンサー」で扱われた「神秘のハーブ

ハーブを取り入れたものは身体能力を大幅に向上させることができます。

しかし選ばれたものでないとハーブは「毒」となるようです。

また作中では、キルモンガーことウンジャダカの命令によってハーブが全焼してしまいましたが、ハーブはその後どうなったのでしょうか?

今回はハーブの名前や副作用、効果やその後について調べてまいりました。

ブラックパンサーハーブの名前や副作用は?


まずはハーブの名前や副作用について解説していきます。

ハーブの名前

ブラックパンサーが取り入れた、紫色に光るハート形のハーブとは、昔アフリカ大陸に落下したヴィブラニウム院石のエネルギーを受けて変異した特殊な植物です。

冒頭のワカンダ王国設立までのシーンにて説明されておりましたね。

そしてこのハーブに名前があるのかを調査してみましたが、どうやら特別な名称はないようです。

そのため作中では「ハーブ」「ハート形のハーブ」「神秘のハーブ」などと呼ばれていました。

ハーブの副作用

神秘のハーブに副作用はあるのでしょうか?

こちらに関して調べてみたところ、ブラックパンサーの原作では、どうやらハーブに副作用があると説明されているようです。

ハーブは、遺伝的に免疫の持つ王族以外には毒になるとのことです。

そのため選ばれし者=王族の血統を持つ者でない限り、ハーブを摂取したとしても、超人的なパワーを得ることはできないようです。

映画「ブラックパンサー」ではキルモンガーことウンジャダカがハーブを摂取していました。

彼は先代ブラックパンサー「ティ・チャカ」の弟ウンジョブの息子なので「王族の血筋」ということになります。

そのためハーブを摂取しても副作用の毒を受けなかったのでしょう。

ブラックパンサー父親の死因・死亡理由は?ティ・チャカとウンジョブが殺された理由を解説映画「ブラックパンサー」に登場する「ティ・チャカとウンジョブ」 ティ・チャカは主人公でブラックパンサー「ティ・チャラ」の父親で、映...




ブラックパンサーハーブの効果やその後についても考察


ハーブの効果やその後について解説していきます。

ハーブの効果

ハーブの効果は身体能力が上がるとされていますが、具体的にどういった風にあがるのでしょうか?

こちらについて調査をしたところ

  • 五感
  • 筋力
  • 素早さ
  • 敏捷性
  • スタミナ
  • 耐久力
  • 回復力
  • 反射神経

主に上記の能力が超人的に強化されるということがわかりました。

他にもワカンダの豹神バスト(バステト)とシャーマン的な交信を行うことができるようになるようです。

ちなみにワカンダの豹神バストとは、冒頭シーンで出てきた巨大な黒豹のことだと思われます。

またハーブを摂取した王は、王の座入れ替わりの決闘の際には、ハーブの効果を解除しなければならないというルールがあります。

そのため作中ではティ・チャラがエムバクやウンジャダカと戦う際に、ハーブの能力を解除していたのです。

ハーブの力があっては、対等な戦いができなくなりますからね。

ハーブのその後を考察

まずハーブのその後について調べてみましたが、現在のところ有力な情報がございませんでした。

なのでハーブのその後について考察していきたいと思います。

まずは作中でハーブが焼き払われるまでの流れをおさらいします。

ウンジャダカがワカンダ王の座を奪うため、ティ・チャラに決闘を挑みました。

彼は見事ティ・チャラに勝利します。

そして自身がハーブを取り入れた後、他の者が今後ハーブを摂取することを恐れたためか、残りのハーブを焼き払うように指示を出しました。

しかしナキア、シュリ、ラモンダ、ロスたちがハーブを燃やす前に、ウンジャダカにバレないように協力し、ハーブを一つだけ隠し持っていました。

その後は残りのハーブを全て燃やします。

ここまでがハーブが燃えるまでの流れです。

その後、彼女たちはウンジャダカの野望を阻止するために、エムバクの元へ行きます。

そしてハーブをエムバクに授けようとした際に「最後のハーブと言っていました。

最終的に最後のハーブはティ・チャラが取り入れます。

この「最後のハーブ」というセリフから、一般的にはハーブはもう存在しないということが考えられます。

しかしハーブは、冒頭シーンに登場した、黒豹の女神に導かれて発見したと言われていました。

このことからハーブは「人の力では発見できなかった」と仮定できます。

つまりハーブは、人の目では発見できないどこかで「まだ存在している」という可能性が考えられます。(あくまで個人的な考察です)

ブラックパンサー最後の人バッキーは誰?ラストのホワイトウルフとは何?映画「ブラックパンサー」のラストシーンで登場した「バッキーバーンズ」 ブラックパンサーの道中ではほとんど登場しなかったバッキーが、...




まとめ

映画「ブラックパンサー」のハーブについて解説してまいりました。

内容をまとめると

  • ハーブの名前は「ハーブ」「神秘のハーブ」「ハート形のハーブ」などと呼ばれている
  • ハーブは王族の血統以外が摂取すると副作用として毒を受ける
  • ハーブを取り入れることで「五感・筋力・素早さ・敏捷性・スタミナ・耐久力・回復力・反射神経」の能力が超人的に向上する
  • ハーブは人の目では発見できないので、まだどこかに存在しているかもしれない

以上となります。

関連記事