ライフ

iPhoneの充電を長持ちさせる方法は?このアクセサリー使用できないは故障?

battery

充電の減りが早い!スマホを使っている方なら誰しも悩んだことがあるであろうことだと思います。

僕はよくスマホゲームをしているのですが、やっぱりスマホでゲームをすると充電の減りってはやいんですよね。

しかも、充電していたらいきなりこのアクセサリーは使用できませんとかでてきたり。。

そこで今回はiPhoneの充電を長持ちさせる方法や、このアクセサリーは使用できませんは故障なのかどうか?についてご紹介します。

それではどのような方法なのか、早速ご紹介して行きますので見て行きましょう!

iPhoneの充電を長持ちさせる方法は?

iPhoneの充電を長持ちさせるには、まずは設定の見直しを行い、無駄な消費を減らす必要がございます。

例えばダウンロードしたけど使っていないアプリなどはありませんか?

気づけばiPhoneにたくさんアプリがある。それらのアプリは自動通信により、バッテリーの減りを早くしている可能性があります。

そこで、対策方法をご紹介します。

モバイルデータ通信の見直し

iPhoneの設定画面を開くと、モバイル通信という項目があります。

この項目は主に、携帯会社の4Gなどのオンオフができる設定のほか、自分でインストールしたアプリの通信をオンオフにできます。

大事なのがほぼ使用しないアプリや、WIFI環境下でしか使わないアプリなどがあれば、全てオフにすることです。

「設定→モバイル通信→使用していないアプリを全てオフに」

そうすることで自動通信を抑えることができますのでバッテリーの減りを抑えることができます。ちなみに、自動通信というのは、何も操作していなくても自動的に通信をすることです。

あなたがほぼ使用しないアプリがある場合はオフにしておきましょう!

ちなみにオフにすることで、バッテリーの減りを節約できる他に、4G回線では通信ができなくなりますので、アプリが使えないといったことになる場合がありますので注意が必要です。

ただその場合は、設定でオンにすることで通常通り使用できるようになります。

または、こちらの通信がたとえオフになっていたとしても、WIFIにさえ繋がっていれば通信は可能ですのでわざわざ設定からオンにしなおさなくても大丈夫です!

位置情報の設定でバッテリーを節約できる

位置情報がオンになっているままだと僕の体感ですが、かなり充電の減りが早くなります。
そこで、対処方法をご紹介いたします。

例えばiPhoneを探すというのはご存知でしょうか?これはiPhoneを無くした場合に他のiPhoneなどからGPSで位置を検索できるという機能ですが、特に設定をしていない方は、このiPhoneを探すがオンになっていることがおおいです。

「iPhoneなくすことはないし、それよりも充電を長持ちさせたい」そんな方はいっそのことオフにしてみるのが良いですね。

iPhoneを探すをオフにすると、バッテリーの減りを抑えることができます。

「設定→一番上の名前をタップ→icloud→iPhoneを探すオフ→AppleIDのパスワード入力」

以上でiPhoneを探すの設定をオフにすることができます。

一つデメリットとしては、この設定をオフにすることで、iPhoneをなくした時に位置を特定することができなくなってしまいますので注意してください。

ちなみに私はスマホを無くしたことはないですし、なくすこともないと思っているので設定はオフにしています。(笑)

位置情報サービスの設定を見直す

iPhoneを探す以外に、地図を見たりするさいに使用する位置情報ですが、これもオンになっている方は多いです。

位置情報はアプリ使用中のみに設定するか、オフにしておくことでバッテリーの減りを抑えることができます。

「設定→プライバシー→位置情報→Appの使用中のみ許可」

これで設定ができます。

このアクセサリーは使用できませんは故障?

充電をしていると或る日突然「このアクセサリーは使用できません」とでて充電がたまらなくなった。

このような経験をされた方は多いと思います。

この場合はiPhoneの充電器が故障しているか、iPhone本体が悪いかのどちらかになります。

他の充電器で試してみて、同じ症状が出なければ充電器が悪いですし、他の充電器を複数試したけど、同様の症状が出るのであればiPhone本体が故障しているという可能性もあります。

一番多いのは充電器の故障でしょう。

特に市販の安い充電器などで起こりやすいですね。買い換えるのであればなるべくApple純正の充電器を購入するのがいいでしょう。

インターネットやAppleストアで売っています。

まとめ

iPhoneのバッテリーの減りを抑えるには設定を見直しましょう!
・モバイル通信で、使用頻度が少ないアプリをオフにする。
・iPhoneを探すをオフにする。
・位置情報をアプリ使用中のみオンにする。

上記の方法をすれば、バッテリーの減りを節約できるかとおもいますので、充電を長持ちさせることができるでしょう。

是非参考にしてみてください。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。